社会背景 - 復活com

記事一覧

<大阪府>LGBT就労支援、当事者が相談員

(Yahoo!ニュース「毎日新聞」・10/24) 大阪府は、LGBTなど性的少数者の就労支援に本格的に乗り出した。就職活動で悩みを抱える人たちに対応するため、9月末からトランスジェンダーの相談支援員を雇用。企業向けの啓発冊子にも今年度からLGBTの採用に関する項目を設けた。府によると、都道府県によるLGBT対象の就労支援は初めてという。 府は就職支援施設「OSAKAしごとフィールド」(OSF、大阪市中央区)...

続きを読む

新たな政策理念、精神障害対応の地域包括ケア紹介 - 厚労白書、依存症対策も

写真は、アヤメ。花言葉「よい便り」「メッセージ」「希望」(Yahoo!ニュース「医療介護CBニュース」・10/24) 24日の閣議に報告された2017年版の厚生労働白書では、新たな政策理念として「精神障害にも対応した地域包括ケアシステムの構築」が掲げられたことなどを紹介している。【新井哉】 厚労省は今年8月、都道府県などに対し、精神保健費に関する国庫負担金・補助金の交付要綱を改正したと通知。この要綱に「精神障害にも対...

続きを読む

職場の精神障害者 応援

(読売新聞・10/19) 精神障害や発達障害がある人の働く環境を整えようと、神奈川労働局が「精神・発達障害者しごとサポーター」の養成に乗り出した。来年4月には障害者の法定雇用率が引き上げられ、精神障害者も対象に加わる。同労働局はサポーターを通じて、障害者と一緒に働くことへの理解を広め、雇用増加を図る。 しごとサポーターは特別な資格ではなく、精神障害や発達障害を持つ同僚を見守る「応援者」との位置づけだ。...

続きを読む

精神障害者に地域支援もっと必要 倉敷で家族会の全国大会開幕

(Yahoo!ニュース「山陽新聞」・10/16) 精神障害者の家族会でつくる全国精神保健福祉会連合会(みんなねっと)の全国大会(同連合会、NPO法人・岡山県精神障害者家族会連合会主催)が19日、2日間の日程で倉敷市中央の市芸文館で始まった。初日は約千人が参加し、偏見の強さなどから長期入院している精神障害者の数を2020年度末までに最大3万9千人減らす国の方針を踏まえ、地域で求められる支援の在り方を探った。 統合失調症な...

続きを読む

社説:医療・介護 長期の見取り図を示せ

(Yahoo!ニュース「京都新聞」・10/18)「全世代型」の社会保障への転換で、子育て世代にお金を回す。ならば、なおのこと超高齢社会の医療・介護制度の展望が問われよう。団塊の世代が全て75歳以上となる2025年が近づくが、各政党の公約からは、膨張する給付と制度維持に関する取り組みの「本気度」が伝わってこない。 高齢者であっても、すでに負担増の対象外ではなくなりつつある。医療では、70~74歳の窓口負担や7...

続きを読む

犯罪被害者なのに病院から「治療費全額払い」求められる場合も…日弁連、支援策を議論

写真は、ガーベラ。花言葉「希望」「常に前進」(Yahoo!ニュース「弁護士ドットコム」・10/16)滋賀県大津市で10月6日、日弁連の人権擁護大会が開かれ、「犯罪被害者の誰もが等しく充実した支援を受けられる社会の実現を目指す決議」(https://www.nichibenren.or.jp/activity/document/civil_liberties/year/2017/2017_1.html)が採択された。これに先がけて5日に開かれたシンポジウムでは、犯罪被害者らの権利向上に向けた課題に...

続きを読む

「悪夢のような成年後見制度」役所を訴えた、ある娘の告白

(Yahoo!ニュース「現代ビジネス」・10/13)全国初の賠償請求訴訟へ 政府が推進する成年後見制度を巡るトラブルが全国各地で続発する中、行政の申し立てで後見人をつけられた母親と、その娘2人が2017年10月中にも、地方自治体を相手取り、国家賠償請求訴訟を起こすことになった。成年後見制度に関する自治体相手の国賠訴訟は全国で初めてだ。 訴えたのは三重県在住の母娘で、被告は桑名市(三重県・伊藤徳宇市長)ほか。 原告の一...

続きを読む

「医療,福祉事業」の倒産が2000年以降で最多ペース

写真は、チョウチクトウ。花言葉「注意」「危険」「用心」(Yahoo!ニュース「東京商工リサーチ」・10/10)2017年1-9月「医療,福祉事業」の倒産状況 2018年4月の診療報酬と介護報酬の同時改定を前に、2017年1-9月の「医療,福祉事業」倒産は累計186件に達した。このペースで推移すると、倒産件数は介護保険法が施行された2000年以降で最多になる可能性が高くなった。 また、負債総額は大型倒産が前年同期より倍増したため、9月ま...

続きを読む

生きる希望持てない <問う安倍政権5年>

(Yahoo!ニュース「京都新聞」・10/09) 滋賀県南部の住宅街。4階建てマンションの一室の呼び鈴を「フードバンク滋賀」代表の太田茂雄さん(36)が押すと、小学校低学年ほどの男児と母親が出てきた。太田さんは日々の食事に困る家庭に、企業から提供を受けた食品を無償で配達する。「助かります」。菓子パンなどを受け取った母親は笑顔を見せた。「今は貧困が見えにくい」と太田さん。大半は、自治体の生活保護担当課など行政...

続きを読む

「ADHDと睡眠障害は表裏一体である」との見解が明らかに

(Newsweek・10/02)<アメリカの子どものうち約11%がADHDと診断されているが、その原因は解明されていない。欧州神経精神薬理学会の会議で、「ADHDと睡眠障害とは表裏一体のような関係である」との見解を発表された>ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは、不注意(集中力がない)、多動性(落ち着きがない)、衝動性(考える前に実行してしまう)という3つの症状を持つ行動障害である。米国では、2012年時点で、4歳から17歳までの...

続きを読む

「障害者への差別や偏見ある」80%超 内閣府調査

(NHK・09/30)内閣府が行った「障害者に関する世論調査」によりますと、世の中には障害者への差別や偏見があると思うと答えた人が、80%余りに上りました。内閣府は、障害者に対する国民の意識を把握するため、先月、全国の18歳以上の男女3000人を対象に世論調査を行い、59%に当たる1771人から回答を得ました。それによりますと、「世の中には障害のある人に対して障害を理由とする差別や偏見があるか」と尋ねたと...

続きを読む

福祉手帳 更新手続き短縮を 総務省、厚労省に要請

(毎日新聞・09/28) 総務省行政評価局は28日、精神疾患で生活に支障がある人らを支援する「精神障害者保健福祉手帳」の更新手続きに最長で6カ月かかっているケースがあるとして、厚生労働省へ短縮に向けた改善を要請した。 手帳を持つ人は2015年度末で約86万4000人。税金の免除や、地域によって電車やバスの運賃割引が受けられる。手帳は市区町村に申請し、都道府県か政令指定都市が審査して交付。2年ごとに更新...

続きを読む

障害者事業所6割超が改善必要

写真はチューリップ。花言葉「誠実な愛」「愛の芽生え」(NHK・09/26)国からの給付金を受けて、障害者を雇用している事業所が経営に行き詰まり、障害者が相次いで解雇されている問題で、愛知県内の同じ形態の事業所のうち、6割以上が、国の基準を満たしておらず、経営を改善する必要があることがわかりました。問題となっているのは国の給付金を活用し、障害者と雇用契約を結んで最低賃金以上の賃金を支払う「就労継続支援A型」...

続きを読む

精神保健福祉法案が廃案に 相模原事件受け政府提出

(共同通信・09/26) 安倍晋三首相が臨時国会冒頭の28日に衆院を解散する意向を表明したことで、相模原の障害者施設殺傷事件を受けて措置入院患者の支援強化を盛り込んだ「精神保健福祉法改正案」が廃案になる見通しとなった。厚生労働省は、衆院選後に改正法案を提出し直す方向で検討を進めるという。 殺人罪などで起訴された植松聖被告(27)は、事件前の昨年2月、精神疾患のため他人を害する恐れがあるなどの理由で、精神保健...

続きを読む

<再犯防止計画>薬物犯罪者、社会で更生 懲役より治療重視

(Yahoo!ニュース「毎日新聞」・09/21) 昨年12月に成立した「再犯防止推進法」に基づき、政府が策定を進めている「再犯防止推進計画」の中間案に、薬物犯罪対策として、法務省と厚生労働省が薬物依存者を刑務所に収容せず、社会内での更生(立ち直り)を目指す施策の検討を盛り込むことが分かった。米国などで実施されている「ドラッグコート」(薬物法廷)も研究や検討の対象になるとみられる。政府は中間案を近く公表し、パ...

続きを読む

児童虐待通告、初の3万人超=面前DVなど、7割「心理的」―警察庁

(Yahoo!ニュース「時事通信社」・09/21) 今年上半期(1~6月)に全国の警察が虐待を受けた疑いがあるとして児童相談所に通告した18歳未満の子どもは、前年同期比5751人(23.5%)増の3万262人に上ったことが21日、警察庁のまとめで分かった。 上半期の統計を取り始めた2011年以降6年連続で増加し、初めて3万人を超えた。 同庁は、児童虐待への社会的な関心が高まり、警察への通報が増えたことなどが影響しているとみている。...

続きを読む

厚労省、障害に応じた働き方で研究会

(SankeiBiz・09/21) 障害者が本人の希望や障害の特性に応じた働き方ができるよう国の施策を見直すため、厚生労働省は20日、障害者団体や労使の代表者による研究会の初会合を開いた。来年夏ごろに対応策を取りまとめる。民間企業(従業員50人以上)で働く障害者は増加しており、昨年6月時点で約47万人。一方で精神障害の場合は職場の雰囲気になじめないなどの理由で定着率が低く、身体や知的障害の人も体力的な事情から一...

続きを読む