障がい者の実態 - 復活com

記事一覧

障害者暴行事件 県警OBの職員らを証拠隠滅容疑で逮捕へ

(NHK・10/04) 宇都宮市の障害者支援施設で、知的障害のある入所者に暴行したとして職員ら2人が逮捕された事件で、施設を運営する社会福祉法人の職員で栃木県警のOBら3人が、事件後に行われた内部調査の文書を処分した疑いがあることが捜査関係者への取材でわかりました。警察は、証拠隠滅の疑いで3人の逮捕状を取り、4日にも逮捕する方針です。  ことし4月、宇都宮市の障害者支援施設「ビ・ブライト」で、知的障害のあ...

続きを読む

平均賃金7万3000円 障害者就労A型事業の団体が初調査

(福祉新聞・09/28) 就労継続支援A型事業所全国協議会(久保寺一男理事長)が12日に発表した実態調査で、A型事業所で働く障害者の平均月額賃金が7万3000円であることが分かった。  調査は今年2月、全国にあるA型事業所3500カ所を対象に初めて実施(有効回答率28%)。定員の平均は18・8人。運営主体は企業(50%)、社会福祉法人(21%)、NPO法人(18%)、社団法人(10%)だった。  障害...

続きを読む

心の障害をバリアフリー化するSEX革命の始まり。非感動ポルノ『パーフェクト・レボリューション』

写真は、ハス。花言葉「清らかな心」「神聖」「離れゆく愛」「雄弁」(楽天WOMAN・09/23) 乙武くんをマスメディアで見なくなって久しい。ベストセラー本を連発し、自身の原作小説の映画化『だいじょうぶ3組』(13)に出演するなど超売れっ子だった頃は、「障害があるのに下ネタが得意なんて、すごい!」ともてはやされたが、2016年の不倫報道によって「障害者なのに、けしからん!」と世間の手のひら返しに遭ってしまった。だが...

続きを読む

増加する認知症患者の身体拘束 本当に“仕方がない”のか〈週刊朝日〉

写真は、アサガオ。花言葉「愛情」「固い絆」「はかない恋」(Yahoo!ニュース「AERAdot.」・09/19) 身体拘束を受ける患者の数が増え続けている。背景として考えられるのが、認知症と診断される人の増加。転倒などを避けるため、安全管理の側面もあるが、やむを得ない処置なのか。医療ジャーナリストの福原麻希が拘束ゼロの取り組みから、その答えを探った。「どうして、こんなことになってるの?」 30代の女性は病院へ祖母のお...

続きを読む

<障害者暴行>松本容疑者から虐待 別の施設の入所者が証言

(Yahoo!ニュース「毎日新聞」・09/16) 社会福祉法人「瑞宝会」が運営する栃木県宇都宮市の知的障害者支援施設「ビ・ブライト」で入所者の男性(28)が重傷を負った事件で、傷害容疑で逮捕された松本亜希子容疑者(25)から虐待を受けたと、同法人が運営する知的障害者支援施設「カーサ・エスペランサ」(栃木市)の入所者の50代女性が話していることが15日、分かった。栃木署は同日午前から、傷害容疑で同施設を家宅捜...

続きを読む

A型事業所、収入の半分以上公費 初の全国アンケートまとめ

(山陽新聞・09/12) 障害者が働きながら技能を身に付ける就労継続支援A型事業所の全国協議会は、全国のA型事業所を対象に初めて実施したアンケートの報告書をまとめた。事業所の収入は本業が4割超で、半分以上を国の給付金などの公費に依存している実態が明らかになった。12日、東京都内で記者会見して説明した。 A型事業所を巡っては、倉敷市や名古屋市などで経営難を理由に障害者の大量解雇が相次いでいる。厚生労働省...

続きを読む

宇都宮・障害者施設“暴行”、施設関係者の男を傷害容疑で逮捕

(Yahoo!ニュース「TBS NEWS」・09/12) 宇都宮市の障害者支援施設で、知的障害のある男性が腰の骨を折るなどして一時、意識不明になった事件で、警察は、施設の関係者で22歳の男を傷害の疑いで逮捕しました。 この事件は今年4月、宇都宮市の障害者支援施設「ビ・ブライト」で、入所していた知的障害のある20代の男性が腰の骨を折るなどのけがをして、一時、意識不明になったものです。 警察は、けがの状態などから男性が...

続きを読む

精神障害者の雇用、増加 来春、法定雇用率の算定対象に

(中日新聞・09/08) 精神障害者の雇用に積極的な企業が目立ってきた。来年四月に法律で義務付けられている障害者雇用割合が見直され、精神障害者も含めて計算するようになるためだ。もともと能力の高い人も多いだけに、戦力になってほしいとの期待もある。人材獲得のため、サポート専門部署の設置や通院休暇の創設など取り組みはさまざまだ。 IT関連企業のトランスコスモス(東京)で働く萩原一明さん(41)は統合失調症が...

続きを読む

起業して躓いた躁うつ病37歳男性が語る悔恨

(Yahoo!ニュース「東洋経済ONLINE」・09/07)現代の日本は、非正規雇用の拡大により、所得格差が急速に広がっている。そこにあるのは、いったん貧困のワナに陥ると抜け出すことが困難な「貧困強制社会」である。本連載では「ボクらの貧困」、つまり男性の貧困の個別ケースにフォーカスしてリポートしていく。今回は千葉県在住で、アルバイトで生計を立てるヨシマサさん(37歳)のケースに迫る。彼は記事(高学歴56歳男性が「孤独な貧...

続きを読む

障害者と家族からカネを奪う「悪質後見人」その卑劣

(Yahoo!ニュース「現代ビジネス」・09/06) 障害を持った子供の将来を思い、成年後見制度を利用することを考えた家族。ところが裁判所は、家族の願いとは無関係に後見人として弁護士や行政書士を選任し、財産の管理を任せてしまう。 認知症の高齢者とその家族の問題と思われがちな成年後見制度。だが、実は障害を抱えながら懸命に生きようとしている若い世代の人生にも、大きな影を落としている(これまでの記事はこちらから)。...

続きを読む

<若年性認知症>東京・中野区が実態調査…市区町村で全国初

(Yahoo!ニュース「毎日新聞」・09/04) 65歳未満で発症する若年性認知症の実情を把握するため、東京都中野区は今月から区民を対象に実態調査に取り組む。市区町村レベルでの独自調査は全国初という。国の調査で若年性認知症の人は全国に約3万8000人と推計されるが、調査が約10年前と古く、地域ごとの詳しいデータもない。このため、同区は実効的なサポートに向けた資料とするため、独自の調査を決めた。 調査期間は来...

続きを読む

10回転職した男が語る「障害者福祉」の深い闇

(Yahoo!ニュース「東洋経済ONLINE」・09/04) 知的障害者福祉施設の事務員、食品工場のパート、ホテルのフロント係、精神・身体的障害者福祉施設の支援員、老人ホームの相談員――。 2017年夏、関西在住の男性、Aさん(46歳)と喫茶店で面会した際に見せてもらった履歴書の職歴欄は、1ページに収まりきらないほどのボリュームだった。これまで転々としてきた職場の数を数えてみると、障害者福祉施設を中心に、11カ所にも及ぶ。■「転...

続きを読む

1日1回投与の双極性障害うつ病症状治療薬

(日経メディカル・09/01) 2017年8月30日、双極性障害のうつ病症状治療薬クエチアピンフマル酸塩(商品名ビプレッソ徐放錠50mg、同徐放錠150mg)が薬価収載された。本薬は、7月3日に製造販売が承認されている。適応は「双極性障害におけるうつ症状の改善」。1回50mgより開始し、2日以上の間隔をあけて1回150mgまで増量する。その後、さらに2日以上の間隔をあけて推奨用量1回300mgまで増量する。いずれの場合も1日1回就寝前に、食...

続きを読む

<交通事故>脳障害に小規模病院 専門病院ない地域に

(Yahoo!ニュース「毎日新聞」・09/03) 交通事故による脳損傷で最重度の障害を負った患者のため、国土交通省は来年度から、同省所管の独立行政法人・自動車事故対策機構が全国8カ所で運営する専門病院のない地域に5床程度の小規模な専門病院を展開することを決めた。また、グループホームなどの福祉施設でも交通事故の後遺症を抱える人を受け入れやすくするため、介護の専門機器の購入費などを補助する制度を新設する。 機構...

続きを読む

障害年金の「差し引き認定」 国が見直し

(Yahoo!ニュース「ABC」・09/01)障害年金の制度で不合理だと指摘されていた認定基準を、国がきょうから改定しました。大阪の男性の訴えが、国に重い腰を上げさせました。 先天性の脳性まひで両足が不自由だった男性(36)は、11年前に交通事故に遭い、障害等級が、それまでの「2級」から最も重い「1級」に変更されました。国は、体の同じ場所に別々の原因で障害を負った場合、新たに負った障害の程度から元々の障害を引き算して...

続きを読む

事業所閉鎖で障害者69人解雇

(NHK・08/31) 愛知県を中心に、国からの給付金を受けて、障害者の福祉サービス事業所を運営していた会社が経営に行き詰まり、事業所で働いていた県内の障害者69人が8月31日までに解雇されました。経営が行き詰まったのは、名古屋市に本社を置き、愛知県や埼玉県など6か所で障害者の福祉サービス事業所を運営していた株式会社「障がい者支援機構」です。 愛知県などによりますと、この会社は、4年前の平成25年から、国...

続きを読む

精神科病院での拘束件数、10年で倍増…「暴れるかもしれないから」推測で?

(Yahoo!ニュース「読売新聞」・08/31) 精神科での隔離や身体拘束について調査・研究を続ける杏林大学保健学部の長谷川利夫教授は、手首、胴、足の拘束具を2時間近く身に着け、患者の気持ちを体験したことがありました。「医療者側は患者が暴れるのを防ぐために拘束するかもしれない。が、拘束されれば暴れたくなるのは、当然の心理。縛られる立場になって考えてほしい」と言います。 厚生労働省の調査によると、精神科のある病...

続きを読む