記事一覧

おススメな仮想通貨(暗号通貨)

170629-2.jpg

Fintech(フィンテック)という言葉を聞いたことがありますか?


最近は連日のようにメディアに登場する言葉なので聞いたことがあるかもしれませんね。

フィンテックとはFinance(金融)とTechnology(技術)を組み合わせた造語で日本では金融ITなどと言われます。

実はあなたもすでにフィンテックを使っています。

身近な例だとスマホでのカード決済とか家計簿アプリなんかもフィンテックの一種です。

フィンテックの市場規模は2400兆円と言われています。

全世界のGDPが9000兆円ですから、そのおよそ3分の1もの莫大な市場規模があるのです。

そして、フィンテックの中核となるのが『暗号通貨』なのです。

なぜ暗号通貨が革命的な技術として世界中で必要とされているのか?

日本にいると気づきませんが、実は海外ではお金を送金するということは非常に大変です。
例えば、日本国内で東京から大阪に送金するとしますよね。
銀行の窓口やATMやパソコンで振り込み手続きをすれば、早ければ当日中に入金されますよね。

振り込み手数料も数百円です。

私たちにとっては当たり前のことですがこれは世界的に見ると非常に珍しいことです。

例えば、アメリカでニューヨークからロサンゼルスに送金するとなると同じ国なのに1週間ほどの時間がかかります。

さらに振り込み手数料も高額で1回の振り込みで2000〜3000円もの手数料がかかるのです。

これが日本以外の国の送金事情です。

一方で、

暗号通貨で、世界中どこにでもスマホだけで、ほぼ手数料もなく一瞬で送金できてしまう ようになります。

<Before>
送金にかかる時間:1週間
銀行手数料:2000〜3000円

<After>
送金にかかる時間:1秒
銀行手数料:0円


170629-1.png


分かりやすく極端な表現をすればこのように変化するということです。

人々やビジネスに大きな変化をもたらす技術だと分かりますよね?

そういったニーズがあるからこそ、 1万円が60億円になったほど価値が数年間で急上昇したのです。

これは代表的な暗号通貨である「ビットコイン」の話です。

ビットコインは登場した当初は数円で購入できるものでした。

ところが、わずか数年で価値がとんでもないほど高騰しいち早くビットコインを手に入れていた人たちはみんなただ持っているだけで億万長者になりました。

中には3000円分ほどのビットコインを購入し買ったことすら忘れているうちに価格が急上昇し1億円以上のお金を手に入れてアパートを建ててしまった大学生すら存在するほどです。

そして、今では、その無限の可能性から、

IBM、Apple、Google、マイクロソフト…大手有名企業が本格参入
して新しいサービスの開発を行っています。

2017年 遂に日本にも大きな波が来つつあります

日本は、暗号通貨に関して世界でもかなり後進国です。 世界から見ると日本は暗号通貨への国としての取り組みがかなり遅れていたのですが、ついに国が暗号通貨が貨幣と認める法改正を行いました。

170629-2.png

170629-3.png

そして、さらに、
三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、りそな銀行メガバンクも次々に参入を発表 しました。

170629-4.png

日常生活でも使われ始めています

170629-5.png

暗号通貨を使用することができるお店は首都圏を中心に徐々に増加しています。

さらに、電気代など公共料金の支払いも暗号通貨で行うことができるようになってきています。

170629-6.png

このように暗号通貨の波が日本にも確実に押し寄せているのです。

遂に暗号通貨が正式に通貨だと日本国から認められたのです。

170629-7.png

170629-8.png

このニュースからも分かりますが 、また1万円が60億円になったような歴史的なバブルの波が確実に来ます。

一般の人はまだ気に留めてもいないかもしれませんが、政府・メガバンク・国際的な大企業が、このようにして実際に動き出しているのです。

間違いなく日本でも歴史的な革命が起こります。

かつての土地バブルやITバブルとは、比べものにならないクラスのバブルがもう目前に迫っているのです。

それこそかつてのビットコインのように両替しておくだけで億万長者になる人が数千人・数万人規模で続出するでしょう。

このタイミングで行動しさえすれば、あなたが億万長者になるためにやることは

(1)お金を暗号通貨に両替する
(2)毎日の入金を確認する


これだけです。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin



日本は、ご承知のとおり、これから少子高齢化の波と借金の波が襲ってきます。

私も数年前から、経済的難民状態になり、そこから抜け出たいと思い、同じ事情の人も助けてやりたいとも思っていました。

今後の年金受給の低下で、先行き不安の方も沢山いらっしゃると思います。

現在、海外から日本をみると「日本は30年後は滅びゆく国(破産する国)」と言われているそうです。

日本は、2020年東京オリンピックを境に経済成長は急降下になっていくと予測もされています。


そんな中、ついに2017年1月11日よりノアコインの第一期プレセールが始まりました。
ノアコインは、2018年6月12日に市場公開(リリース)がされます。

それに向けて現在、色々な方面から着々と広がりを見せているのが伺えます。

僭越ながら、フィリピンの動きは、日本の昭和30年~50年代の高度成長期を思わせるような

そして、昭和60年代のバブル期を同時に迎えているような気風さえ感じられます。

日本ってこうやって国造りされてきたのだと、映画を見ているような気持にもさせられます。

つまり、先行者利益が既得権益をつくってきたのだと、またその恩恵も確かに存在致しました。

私も建設村、金融村に長く在籍しておりましたので、その恩恵も受けまた、血も流してまいりました。

ノアコインは、先行者利益を特定する(上層部、富裕層)だけではなく、中間層、低所得者層も平等に配分する
システムを実現させているようにも見受けられます。

それを実現可能にさせて頂いたのは、インターネット技術が公開されたからなのだと思います。
それに今回のブロックチェーン技術の恩恵、数々の恩恵があるように思われます。

また、ノアコインの評価は実際は、2018年6月12日に市場公開させた時が、現実なものとして評価されるのだろうと思います。

暗号通貨市場は、約6,000兆円規模になると言われています。

日本の借金は約1,055兆円です。

暗号通貨時代の幕開けも現実なものとして捉えてもよろしいのではないでしょうか。

ノアコインは
第一期プレセールが2017年1月11日~2月19日  (フィリピン・日本)
第二期プレセールが2017年4月3日~5月28日   (フィリピン・日本)
第三期プレセールが2017年7月24日~10月1日   (アジア)
第四期プレセールが2017年12月11日~2018年4月30日(世界)
と長期に渡り計画が実行されています。

現在は、ノアコインは投機目的要素が大きいですが、分散投資としてご利用されても、貯蓄としても魅力ある通貨だと思います。

まずは簡単にご説明いたします。

天才数学博士チャールズホスキンソン氏が開発に携わっているノアコイン。
イーサリアムとビットシェアーズの開発者。近日公開予定のカルダノ エイダコインもです。

文字どおり「暗号通貨の巨人」であり、いずれ世界の大富豪になる方でしょう。
ノアコインは、フィリピンの政界や財閥など、国全体で全力を注いでます。

プレセール期間なので、あまり公開はされていませんが、概略は下記のとおりです。

◯NOAH PROJECTはじまり動画
https://youtu.be/_IN2gF59GGo


◯NOAH PROJECTプレゼン動画
https://www.youtube.com/watch?v=ru40C9cVyqk


NOAHCOIN公式ホームページは下記にございます。
http://noahcoin.org/

補足すると

簡単に言うと両替するだけで貯蓄と手堅い投資も付いてくるイメージ。

利回りは、初年度20%から始まり年次0.86倍の指数関数的に下がっていきますが、複利なので手堅いメリットです。2年目は、17.2%、3年目は14.79%と言う具合です。
しかも為替変動が大きいので、現在の暗号通貨の基軸通貨ビットコインを調べればわかりますが、1万円が120億円に暴騰した歴史があります。

現在は、当初1万円両替していた人は90億円~120億円以上で推移しています。

http://jpbitcoin.com/about/history_price


最新情報を得るには、↓↓↓こちらを無料登録すれば、リアルタイムにみることができます。低料金両替、クレジット決済OK等、容易に投資を始めることが出来ますよ。↓↓↓
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin




話を戻しますね。ノアコインは、何と言っても国内外送金無料。

チャールズホスキンソン氏が開発に携わったエイダコインは、下記のような思想とカジノを用いた普及活動を行っています。

http://www.adacoins.com/?gclid=CPCa7qjG5tACFdcjvQodxhMACw
(現在は、リリース前でご覧頂けないかもしれません。)

以下、カルダノエイダコインの紹介動画です。
https://youtu.be/lZwo36_nung



これまでの暗号通貨は、世界各国、国を挙げて取り扱うようなことはしてきませんでした。

しかし、ノアコインは違います。ノアシティープロジェクトなる表向き国家プロジェクトではなくとも、世界の富裕層、有志が注目する

世界初プロジェクトが推し進められています。実質的には、国家プロジェクトの様子が伺えます。


なぜ、このノアコインが世界に普及するか、普及させようとしているかは、市場公開する2018/6/12の時点で1期プレセール期間から1.22倍しか値上げをしないと決めているからです。

フィリピンは、銀行口座の普及率は30%程度、しかしスマートフォンの保有率は108%あるのです。
スマートフォンを財布代わりに銀行口座代わりにする計画です。カードも併用出来るようです。

ですから、銀行を普及させるよりも暗号通貨を普及させた方が割安であるので、しかも手数料は無料なので国策としてもおかしくないと思われます。

そして、フィリピンの国自体の見通し(人口と若年層)、地理的要因、英語圏であることの強み(米国、英国、豪国)、これをとっても注目すべき点、
投資家が期待している点でもあります。

ビットコインでさえ、高騰した歴史が裏付けしているように後進国、世界は暗号通貨を欲しいと思っている人が大勢います。

日本は、今のところ円が強いし、銀行が普及し、手数料も比較的安いので、メリットをあまり感じず、暗号通貨はこれまで普及するに至りませんでした。

しかし、今回は、日本にとっても、そこで生きる日本人にとっても最後のチャンスかもしれません。

ノアコインがビットコインを後追いし、高騰してもおかしくない状況だと思います。


ちなみにノアコインの購入方法は、下記に動画がありますのでご覧ください。

○第3期プレセール参加方法のご案内
https://www.youtube.com/watch?v=Lzghars2PIk

〇新規登録、購入はこちら(招待コード)
https://noahcoin.co/signup?parameter=45b033f97cf65e3dc5fd86f5d086aa42
こちらから、まずメール登録をお済ませください。

〇プレゼンをみて新規登録を考えられる方はこちら(招待コード)
https://noahcoin.co/lp?parameter=45b033f97cf65e3dc5fd86f5d086aa42


現在は、ノアコインは投機目的要素が大きいですが、分散投資としてご利用されても、貯蓄としても魅力ある通貨だと思います。
ノアコインとエイダコイン、何かと便利なビットコインは所持しておきたいところです。

コインチェック内のイーサイアム、リップル等も1000円から購入できますので貯蓄型分散投資としてご利用頂けると思います。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin




以上になります。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
健康であるうちに読んで頂きたい記事は、こちら






関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

レザレクト

Author:レザレクト
復活comへようこそ!

プロフィール詳細
ブログ復活comの概略

スポンサーリンク

ブログランキングに参加しています。
1クリックにご協力をお願いいたします。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin 仮想通貨の概要を読む