記事一覧

介護福祉士ら保育士試験で優遇へ…筆記一部免除

170628-3.jpg

(Yahoo!ニュース「読売新聞」・06/27)
厚生労働省は、福祉系の国家資格を持つ人が保育士試験を受ける際、筆記試験科目を一部免除する方針を固めた。

 待機児童解消に向け、保育士資格を取得しやすくし、受け皿作りを急ぎたい考えだ。早ければ来年度の試験から免除する。

 筆記試験が一部免除されるのは、介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士のいずれかの国家資格を持つ人。筆記試験の全9科目のうち、「福祉職の基盤に関する科目」に分類される3科目が免除される。

 保育士の資格は、試験に合格するか、「保育士養成施設」に指定された大学や短大、専修学校などで養成課程を修了することで取得できる。今後は介護福祉士の養成施設を修了していれば、保育士資格に必要な履修科目を一部免除する措置も実施する。

元の記事を読む


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
健康であるうちに読んで頂きたい記事は、こちら







関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント