対話を通じて健康を支えるAI搭載のパーソナルロボット「MABU」 - 復活com

記事一覧

対話を通じて健康を支えるAI搭載のパーソナルロボット「MABU」

171009-1.jpg




(Yahoo!ニュース「bouncy」・12/14)

アメリカのCatalia Health社が開発した、健康管理をサポートしてくれるAI搭載の対話型パーソナルロボット「MABU」。コミュニケーションを通して好みや治療方法などを学習し、ユーザーの健康管理をサポートしてくれるロボットだ。


・コミュニケーションを通してユーザーを理解するロボット

「MABU」は音声とタブレットに表示するテキストでコミュニケーションが可能で、やり取りを通じてユーザーのデータを取得・学習し、症状の進行状況・治療法や処方・ユーザーの好みなどに応じた最適な対応ができる。

人間関係の構築や維持に関する心理学に基づいた理論を取り入れており、愛らしい表情でユーザーの心を癒してくれる一面もある。


・日本のヘルスケア市場へのサービス検討も開始

生活習慣病などを患う人々のため開発された「MABU」。
外出中に服薬時間を通知したり、IoT機能付き血圧計と連携して健康状況をリアルタイムにモニタリングするなど、様々な活用が可能だ。
専用HPではユーザーの症状に応じたパラメータをグラフ化し、日々の健康状態の移り変わりを蓄積して管理することもできる。



2017年12月5日には、日本のヘルスケア市場に向けたサービスの検討を開始したことが発表された。医療機関や製薬企業、調剤薬局、企業健康保険組合などに向けたサービスを検討していくという。

人に寄り添うロボットが、健康な生活を支えていく。

引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171214-00010002-bouncyv-sci




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログ復活comでの考察をご覧くださいm( _ _ )m
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑





連載小説は、プロフィール詳細からどうぞ
プロフィール詳細

福祉関連ニュース 過去記事まとめは、こちら
ブログ復活comの概略

病気を患って、気付いたこと。始めた事柄をまとめました
健康であっても、無くても万が一の備え




ブログランキングに参加しています。
1クリックにご協力をお願いいたします。





関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント