過去記事まとめ(2) ~精神障害を患った私が今後の医療・福祉社会に期待すること - 復活com

記事一覧

過去記事まとめ(2) ~精神障害を患った私が今後の医療・福祉社会に期待すること

ガーベラ3
写真は、ガーベラ。花言葉「希望」「常に前進」

 少子高齢化の時代に突入した今、現在、大変革が起きようとしています。

障がい者になっている私の視点で第2弾をまとめてみました。

まずは、第1弾は、下記よりどうぞ
ブログ復活comでの考察 過去記事まとめ(1)



少子高齢化の時代に突入し、今は、国家財政も財源的にもキツイ時期かもしれませんが、

国、自治体の行政が「共生社会」を目指し、推進して頂ければ、後は国民の社会福祉の輪が広まり、財政難を自己で解決していく道が残されます。

今が岐路に経たされているように感じます。


まず、共生社会に向けた明るい兆しをまとめてみました。

復活com・カテゴリー内・明るい兆しより
http://hukkatucom.jp/blog-category-15.html


次に将来に渡っての財源をどうするのか?

そこで、考えてみました。

国の力を借り、社会福祉業界が一丸となり、社会を形成していく。例えば、観光業、運輸業、タクシー業、人材派遣業、サービス業、それを支援する金融業...と進出していきます。

その流通を支えるのが仮想通貨(暗号通貨)が重要になってくるのです。仮にフクシコインと仮称してみます。

仮想(暗号)通貨がどれほど魅力かは、今話題のビットコインを見て、更にまだリリース前のノアコインというものをご参考にご覧頂きたいと思います。


◯NOAH PROJECTはじまり動画
https://youtu.be/_IN2gF59GGo


◯NOAH PROJECTプレゼン動画
https://www.youtube.com/watch?v=ru40C9cVyqk


詳しくはこちらをどうぞ
http://hukkatucom.jp/blog-entry-29.html


この仮想(暗号)通貨を用いて、例えば、健康で元気なうちに活躍できる社会(世界で闘う社会)「健常社会」と高齢者、障がい者、貧困者、社会的弱者で賄う社会「福祉社会」とに分けてみます。

「福祉社会」では、「健常社会」の30%~80%の物価で生活が出来るように工夫、流通をさせていきます。

そして、障害年金、老齢年金、生活保護費、その他補助費もフクシコインで分配していきます。

そうすれば、地域(個人)の所得は低くても、フクシコインがあれば、どこででも低物価で生活が出来るようになります。

細かな手当や助成金を考えることも、人の手を尽くす手間も省けます。

相当な経費削減、生産性も高効率に見えます。


果たして、そういった変革が実現可能なのか。
実際の今現在の仮想通貨(暗号通貨)の行方も把握しておかなければせん。

復活com・カテゴリー内・仮想通貨(暗号通貨)の行方より
http://hukkatucom.jp/blog-category-16.html


しかし、よく考えてみれば、フクシコインというものをあえて創らなくても、ノアコインの利回りは、初年度20%から始まり年次0.86倍の指数関数的に下がっていきますが、複利なので手堅いメリットです。
2年目は、17.2%、3年目は14.79%と言う具合です。
しかも為替変動が大きいので、現在の暗号通貨の基軸通貨ビットコインを調べればわかりますが、1万円が120億円に暴騰した歴史があります。(現在200億円に膨らんでいます)

このノアコインを上手く活用して行けば、「福祉社会」は確立されていくようにも感じます。



「福祉社会」では、人工知能AIとロボットを大いに活用していきます。

最新のニュースは下記をご覧ください。

復活com・カテゴリー内・人工知能AIとロボットより
http://hukkatucom.jp/blog-category-14.html


問題山積みの現代、仮想(暗号)通貨と人工知能AIとロボットの活用...


ヒトが創った英知、それこそが、問題山積みの現代社会の解決策になるのではないでしょうか。



障害者の私としては、一先ず「福祉社会」が国の財政に頼らず、自助努力で賄う社会になって頂ければ将来に対する不安感は取り除かれるように感じます。

国の財政を充てにしていては、「福祉社会」の将来が見えてこないように感じます。


今は、私も障害年金を受給している訳で、国に年金機構に頼らざるを得ない状況で、立ち上がる事が出来ないのです。

いや国は、その後ろで「福祉社会」を監査役として厳しく優しく見守って頂き、大きな存在としてドーンと構えて頂きたく思っています。

今回は、この辺りで失礼します。

それでは、今後もブログ復活COMで詳細、肉付けを行ってまいります。



ブログランキングに参加しています。
1クリックにご協力をお願いいたします。


メンタルヘルスランキング


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント