2017年12月 - 復活com

記事一覧

2017年もありがとうございました。

2017年最後に何かニュースを取り上げ、締めくくろうと探しましたが、これっ!というものがなく来年に持ち越してしまいそうです。2017年が仮想通貨元年と言われ、2018年が仮想通貨ICO元年と言われているようです。仮想通貨が、来年にも爆発高騰することを期待し祈って今年も終わりたいと思います。暮も押し迫って参りました。皆さまにおかれましては、どうぞよいお年をお迎えください。また、来年お会いしましょう。こ...

続きを読む

ビットコイン急落ショック、日米で広がる ー 取引手数料が急上昇、金融庁は注視

Yahoo!ニュース「BUSINESS INSIDER」・12/26)高騰を続けて世界中の投資家たちの購買意欲を駆り立ててきた仮想通貨のビットコイン。クリスマス・ショッピングに賑わうリアルの現実社会とは対照的に、バーチャル通貨のビットコインは2017年12月に急落し、日米で波紋が広がっている。同時に、取引の急増に伴い、そのネットワークの脆弱性が現れ始めている。ビットコインの取引所を運営するビットフライヤー(本社:東京港区)とコイ...

続きを読む

相次ぐ視覚障害者の転落 駅にホームドア設置進まず

(産経ニュース・12/18)視覚障害者が駅のホームから転落する事故は各地で相次いでいる。国土交通省や鉄道各社はホームドアの設置など対策を急ぐが、未設置の駅で被害が繰り返されている。 大阪では高石市のJR阪和線富木駅で10月、視覚障害者の男性(59)が線路に転落し、快速電車にはねられ死亡する事故が起きたばかり。駅の防犯カメラには男性が白杖を使いながら歩く姿が写っており、ホームドアは設置されていなかった。...

続きを読む

ビットコイン&仮想通貨で資産運用する裏ワザ

(Yahoo!ニュース「ハーバー・ビジネス・オンライン」・12/16) 仮想通貨で確実に稼ぐ裏ワザ--取引所で売り買いするだけが仮想通貨ではない。マイニングを行えばコインが手に入り、ICOに応募すれば取引所に上場する前にコインを入手できる。さらに、それを貸し出すことで金利収入を得ることも。目敏い投資家たちの錬金術を明かす!◆3か月で40倍に急騰!? 大化けコインを狙え! 株の場合、IPO(新規上場)に応募することで上場...

続きを読む

障害者の仕事って「定型的」なだけでいいのか?

障害者の仕事だからといって「定型的」なだけでいいのか? --- 山本 ひろこ(Yahoo!ニュース「アゴラ」・12/15)先日、地元でふれあいフェスティバルが開催されました。その中で、障害者の方々の自立を表彰する式典が行われます。どの市区でも障害者週間には同じような啓発イベントが行われているのですが、普段なかなか表彰される機会って無いですからね。大ホールで皆の前で表彰される機会を提供するというのは、素敵ですよね。...

続きを読む

対話を通じて健康を支えるAI搭載のパーソナルロボット「MABU」

(Yahoo!ニュース「bouncy」・12/14)アメリカのCatalia Health社が開発した、健康管理をサポートしてくれるAI搭載の対話型パーソナルロボット「MABU」。コミュニケーションを通して好みや治療方法などを学習し、ユーザーの健康管理をサポートしてくれるロボットだ。・コミュニケーションを通してユーザーを理解するロボット「MABU」は音声とタブレットに表示するテキストでコミュニケーションが可能で、やり取りを通じてユーザー...

続きを読む

過去記事まとめ(2) ~精神障害を患った私が今後の医療・福祉社会に期待すること

写真は、ガーベラ。花言葉「希望」「常に前進」 少子高齢化の時代に突入した今、現在、大変革が起きようとしています。障がい者になっている私の視点で第2弾をまとめてみました。まずは、第1弾は、下記よりどうぞブログ復活comでの考察 過去記事まとめ(1)少子高齢化の時代に突入し、今は、国家財政も財源的にもキツイ時期かもしれませんが、国、自治体の行政が「共生社会」を目指し、推進して頂ければ、後は国民の社会福祉の...

続きを読む

仮想通貨「イーサリアム」の価格が急上昇している理由

(Yahoo!ニュース「Forbes」・12/14)仮想通貨「イーサリアム」の価格が、ビットコインやライトコインと並んで高騰している。先日は仮想の猫を育成するゲーム「CryptoKitties」の大ヒットによって、イーサリアムのスケーラビリティ問題が露呈したが、それでも12月12日時点でイーサ(イーサリアムの通貨単位)の価格は625.25ドルまで上昇している。2018年は、多くの金融機関がコンプライアンスの改善を目的にブロックチェーン技術を...

続きを読む

ビットコインが連日の最高値更新、2万ドル突破の可能性も

(Yahoo!ニュース「ロイター」・12/13)仮想通貨ビットコイン<BTC=BTSP>が連日の最高値更新となり、ルクセンブルクに本拠を置くビットスタンプでは一時1万7428.42ドルをつけた。その後は3.9%高の1万7106ドル近辺で推移。年初来では20倍近く値上がりしている。ビットコインを巡っては、先物が10日、シカゴ・オプション取引所(CBOE)に上場したばかり。来週にはシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)...

続きを読む

GMO、給与の一部をビットコインで支払いへ

(Yahoo!ニュース「TBS NEWS」・12/13) IT大手のGMOインターネットグループは、従業員が給与の一部を仮想通貨のビットコインで受け取れる制度を導入すると発表しました。 GMOインターネットグループによりますと、来年からグループの国内の従業員およそ4000人を対象に、希望する人に対し、給与のうち最大10万円相当をビットコインで受け取れる制度を開始します。GMOはコンピューターを稼働してビットコインを...

続きを読む

富士通、自然な対人コミュニケーションを実現する「ロボットAIプラットフォーム」

(Yahoo!ニュース「Impress Watch」・12/12) 富士通株式会社は12日、自然な対人コミュニケーションを実現する「ロボットAIプラットフォーム」を提供開始すると発表した。自然対話、表情認識、音声感情分析、顔認識など、コミュニケーションにかかわるAI技術を搭載しており、ロボットなどのデバイスと接続したクラウドサービスとして提供される。 ロボットAIプラットフォームは、コミュニケーションロボットをはじめとするさまざ...

続きを読む

解雇の障害者に1千万円超の救済 広島県など事業所給付金分配検討

(Yahoo!ニュース「山陽新聞」・12/08) 広島県福山、府中市で就労継続支援A型事業所を運営していた一般社団法人「しあわせの庭」(福山市曙町)が障害者112人を解雇した問題で、広島県と一部の関係自治体が、賃金などが未払いとなっている元利用者の救済策として、事業所に支給する予定だった給付金1千万円超を元利用者に直接分配する方向で調整していることが7日、関係者への取材で分かった。 元利用者の保護を最優先した異例...

続きを読む

<障害福祉報酬改定>共生型サービス支援へ 高齢化に対応

(Yahoo!ニュース「毎日新聞」・12/07) 厚生労働省は7日、障害福祉サービスの来年度報酬改定の基本方針をまとめ、検討会議に示した。障害者と高齢者がともに利用できる「共生型サービス」や、障害者の地域での1人暮らしを支援する「自立生活援助」への報酬を新設するなどして、多様な地域生活をサポートする。来年2月までに報酬単価など詳細を決定する。 来年度改定は、障害者の高齢化、重度化の進行への対応が大きな柱。地...

続きを読む

シビックテックとは何か? 5分野別の事例に見る、社会問題のITによる解決方法

写真は、コチョウラン。花言葉「幸福が飛んでくる」「純粋な愛」 (Yahoo!ニュース「ビジネス+IT」・12/08) 「少子高齢化による人口減少」「都市圏への人口流入と偏り」「貧富の差の拡大」……。山積する社会問題は、行政サービスだけは解決できない。こうした現状に対し、テクノロジーを活用して課題解決する取り組み/概念が「シビックテック」だ。本稿では「シビックテックとは何か」を解説するとともに、その取り組みを紹介す...

続きを読む

知的障害の高3に乱暴容疑 元支援施設職員を逮捕

写真は、カーネーション。花言葉「軽蔑」 (産経ニュース・12/06) 知的障害のある高校3年の女子生徒に乱暴したとして、神奈川県警大船署は6日、準強姦の疑いで、障害者支援施設の元職員、山口貴弘容疑者(32)を逮捕した。署によると「やっていない」と容疑を否認している。 女子生徒は放課後などに、山口容疑者が勤める施設に通っていた。「しかられたり、たたかれたりするのが怖くて従うしかなかった」と話しているとい...

続きを読む

アジアから注目 鹿児島の「高齢者介護」

写真は、サザンカ。花言葉「困難に打ち克つ」「ひたむきさ」 (Yahoo!ニュース「MBC南日本放送」・12/07) 中国大陸と朝鮮半島の間にある黄海周辺の日中韓3か国の経済交流を深めようと、先月29日と30日の2日間、鹿児島市で「環黄海経済・技術交流会議」が開催されました。会議は、九州の経済界でつくる九州経済連合会などが主催したもので、鹿児島での開催は初めてです。3か国持ち回りで毎年開催されていて、今回は日・中...

続きを読む

現在進行系で人手不足が悪化する理由、「生産人口1750万人減」の衝撃(1)

写真は、ガーベラ。花言葉「希望」「常に前進」 (Yahoo!ニュース「ビジネス+IT」・12/07) 2020年以降は超少子高齢化社会が継続し、加速度的に人口が減少する。同時に、生産年齢人口も大きく落ち込むことになる。こうした未来を抱える我々は、2020年以降の「東京五輪後」に向け何に備えるべきか。この記事では、東京五輪後を見据えた日本政府としての動きを紹介する。政府や官公庁の政策などを踏まえ、どのようなIT戦略を定める...

続きを読む