記事一覧

認知症徘徊、公費で保険 全国で初めて、大和市

(Yahoo!ニュース「神奈川新聞」・11/19) 大和市は11月から、認知症による徘徊(はいかい)の恐れがある高齢者などを対象に公費で損害保険の保険料を負担する取り組みを始めた。徘徊中に踏切事故に遭って高額の損害賠償を求められる事態などを想定し、家族の不安を解消する狙い。市が保険契約者となり、最大3億円が補償される。市によるとこうした取り組みは全国で初めて。 対象は徘徊の恐れがある高齢者の情報を事前登録す...

続きを読む

部屋さがし何度も断られ「死のうかな…」つらすぎる高齢者の引っ越し事情

 次のニュースは高齢者問題ですが、自治体や行政が本気を出せば、難を一気に払拭できるのではないかと期待と希望を抱かせてくれるニュースです。(Yahoo!ニュース「ホウドウキョク」・11/18)神奈川県に住む80歳の山下有三さん(仮名)は目に涙を浮かべ苦悩を訴えた。山下:あきらめていますよ。だからこの間も死のうかなと思った…。山下さんは現在、6畳二間の部屋で一人暮らしをしているが、老朽化による建て直しが決まり、立ち退きを...

続きを読む

精神障害者にも医療費助成を 患者や家族らが決議

(NHK・11/16)精神に障害がある人やその家族などが16日都内で集会を開き、医療費の助成制度の対象を拡大することを求める決議を採択しました。集会を開いたのは都内の精神障害者やその家族などで作る団体で、東京・新宿区の会場にはおよそ160人が集まりました。集会では、ことし4月に都内の家族会が260人を対象に行った調査で、回答を寄せた人の月額の収入の平均が7万1000円余りだったことが説明されました。また、...

続きを読む

<障害者の強制不妊手術>審査経緯明らかに 検診録など発見

(Yahoo!ニュース「毎日新聞」・11/16) 旧優生保護法の下で実施された障害者の強制不妊手術について、手術を申請した理由や経緯を記録した資料が神奈川県立公文書館で見つかった。10代女性が「月経の始末もできない」として対象になるなど、優生手術の具体的状況が公文書で初めて明らかになった。 発見されたのは1962年度と63年度、70年度の公文書で、強制不妊手術の適否を決める優生保護審査会に提出された申請書や...

続きを読む

プロフィール⑤第二章

天細女命(アマノウズメノミコト)の像連載小説を試みています(^^)。まず、プロフィール詳細の「はじめに」からご覧ください m( _ _ )m。第一章はこちら            第二章 博多山笠も終わり、8月になると昌樹は、溜まっていた疲れが出始めていたのだろうか、時折、幻覚なのか妄想なのか、昼間でも夢を見るようになっていた。目まいも感じるようになって、異変に気付き始めていた。 昌樹は、35歳の頃からマンショ...

続きを読む

介護職員処遇改善の財源、「報酬とは別で」 - 関連団体・職能団体が厚労相らに要望

写真は、カキツバタ。花言葉「幸せは必ずくる」(Yahoo!ニュース「医療介護CBニュース」・11/15) 11の介護関連団体と職能団体は15日、加藤勝信厚生労働相らに対し、介護現場を守るために集めた180万超の署名の結果を報告した上で、介護職員の処遇改善に関する財源を介護報酬とは別の財源で手当てすることを要望した。【松村秀士】 署名は、全国老人保健施設協会(全老健)や全国老人福祉施設協議会、日本介護福祉士会、日本看護...

続きを読む

大声出した女性に"他人の抗精神病薬"飲ませる 障害者施設 20代女性職員処分 虐待認定 北海道

写真は、ちょうちくとう。花言葉「注意」「危険」「用心」(Yahoo!ニュース「北海道ニュースUHB」・11/15) 2017年5月、北海道北広島市の障害者施設で、介護職員が入所している女性に対し、他人に処方された抗精神病薬を飲ませ、行政指導を受けていたことが11月15日、分かりました。 北海道石狩振興局によりますと2017年5月、北広島市の障害者施設「北広島リハビリセンター」で、20代の女性介護職員が入所している70代女性が大声...

続きを読む

過去記事まとめ(1) ~精神障害を患った私が今後の医療・福祉に期待すること

写真は、ガーベラ。花言葉「希望」「常に前進」私の視点が偏っているのかもしれませんが、ブログを始めて半年、数多く執筆されている方の記事、ご意見を集約したものをブログの長所を生かして、今回まとめてみたいと思いました。あくまでも私が患った病(プロフィール詳細をご覧ください)で感じた、福祉の現状とこれからの進む方向が、自分でも納得いくものでありたいと念じて取り組んで参りたいと思います。病気を患って、想う事...

続きを読む

親が精神疾患―支え合おう 「子ども」の会を設立 本や集会で理解呼び掛け

写真は、アヤメ。花言葉「よい便り」「メッセージ」「希望」(47NEWS・11/13) 精神疾患のある親に育てられた人たちが、互いに語り、支え合う場をつくろうと「精神疾患の親をもつ子どもの会(愛称・こどもぴあ)」を発足させる。彼らを応援する専門家も、支援の大切さを広く知らせるため、患者の子どもたちの体験記を集めた本を出版。2018年から活動を本格化、会への理解や参加を各地の集会などで呼び掛けていくという。 ▽成...

続きを読む

障害者解雇 A型7割、要経営改善 就労継続支援の事業所

(毎日新聞・11/12) 障害者が働く就労継続支援A型事業所で大量解雇が相次いだ問題を受けて、厚生労働省が実施した経営実態調査によると、全国約3600事業所の7~8割が指定基準を満たさず、経営改善の必要があった。11日、名古屋市で開かれた業界団体の会合で、厚労省が見通しを示した。 A型事業所を巡っては岡山・香川県で7月に7カ所が一斉閉鎖され障害者282人が解雇され、愛知県でも8月に経営に行き詰まった運...

続きを読む