2017年10月 - 復活com

記事一覧

【終了間近】1億円までの道のりは、あとわずかで閉ざされます。

突然ですが、あなたは「1億円」という金額にどんなイメージを持っていますか?・選ばれた人だけが手にすることが出来る・一般人ではたどり着けない金額・お金もちの家系に生まれなければ不可能このように、様々なイメージをお持ちだと思います。たしかに、一般人では手にすることは難しそうに感じますし、実際に、これまで1億円を手にしてきた人は並外れた努力と才能を持ち合わせていたかもしれません。しかし、1億円のために新た...

続きを読む

「悪夢のような成年後見制度」役所を訴えた、ある娘の告白

(Yahoo!ニュース「現代ビジネス」・10/13)全国初の賠償請求訴訟へ 政府が推進する成年後見制度を巡るトラブルが全国各地で続発する中、行政の申し立てで後見人をつけられた母親と、その娘2人が2017年10月中にも、地方自治体を相手取り、国家賠償請求訴訟を起こすことになった。成年後見制度に関する自治体相手の国賠訴訟は全国で初めてだ。 訴えたのは三重県在住の母娘で、被告は桑名市(三重県・伊藤徳宇市長)ほか。 原告の一...

続きを読む

【News!】10万円を1億円に増やす方法

いま大きな話題になっている、こちらの非常識な成功法則を知っていますか?>>【JCB/AMEX】ジーニアス・ブレインFX<<なんと、10万円、20万円という小資金からでも、誰もが資産1億円を目指せるという驚きのプロジェクト。実は一部の方に、先行案内があったそうなのですが、あまりの人気ぶりに、わずか1週間で募集を停止してしまったそうです。トップトレーダーの中では、「最も確実に億万長者になれる資産運用」ということで、業...

続きを読む

年末の大掃除シーズンに向けて!

今回は、お掃除特集!今年の汚れは年内のうちにと言われていますが、年末はなにかとイベント事が多く忙しいもの。最近では、便利で手軽にできるお掃除アイテムやサービスが注目を集めています!ロボット掃除機は共働きの方や一人暮らしの方など、現在の日本の社会情勢を考えても、今後、購入等動向が伸びていくと考えられます。エコバックスのロボット掃除機はお仕事など外出されているときに毎日お掃除を行い、掃除後は自分で元の...

続きを読む

DV 障害女性の相談急増 健常者比8倍ペース 家庭で立場弱く

(毎日新聞・10/12) 全国の配偶者暴力(DV)相談支援センターに寄せられる相談のうち、障害のある女性からの相談が、健常者の女性の8倍のペースで増加していることが分かった。「世話をしてもらっているのだから」と、家庭内で圧倒的に弱い立場に置かれやすい傾向があるという。【上東麻子】 内閣府男女共同参画局の調査結果をDPI(障害者インターナショナル)女性障害者ネットワークが分析した。2016年度の健常者女...

続きを読む

女性は男性よりも資産運用がうまいと言われる3つの理由とは

(Yahoo!ニュース「ZUU online」・10/12)資産運用と聞くと「女性に比べて男性のほうが熱心にやっていそう」というイメージはありませんか。株などに投資をするのはお金を多く稼ぐ男性で、女性は家庭を守り節約・貯蓄に努めるという、昔からの印象がいまだに強いからかもしれません。ですが「女性のほうが男性より資産運用がうまい」と考えられるポイントがあるのです。その理由を3つあげてみました。■女性は男性よりも資産運用が...

続きを読む

“不完全”な2人による究極の愛!? 清野菜名が体当たりで挑んだ『パーフェクト・レボリューション』

写真は、ひまわり。花言葉「私はあなただけを見つめる」「愛慕」「崇拝」(Yahoo!ニュース「dmenu映画」・10/07)何かしら障がいがある人は不自由か? 答えはノーだ。いや、わかったようなことを言うつもりはない。あるいは、きれいごとなのかもしれない。でも、こう思うのだ。「“不便”ではあるかもしれないけど、何人たりとも自由じゃないなんてことは、あり得ない!」と。映画『パーフェクト・レボリューション』の主人公・クマ...

続きを読む

国会出席拒まれた、ALS患者の岡部さん 共生社会へ論戦を

写真は、アイビー。花言葉「永遠の愛」「友情」「不滅」「結婚」「誠実」(東京新聞・10/06) 衆院選(二十二日投開票)では、社会保障制度のあり方が重要な争点だが、障害者政策を巡る論戦は今のところ脇に追いやられている印象は否めない。昨年、衆院厚生労働委員会で障害を理由に出席を拒否された、筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者で日本ALS協会会長の岡部宏生(ひろき)さん(59)は「人にやさしい社会を実現するため...

続きを読む

「医療,福祉事業」の倒産が2000年以降で最多ペース

写真は、チョウチクトウ。花言葉「注意」「危険」「用心」(Yahoo!ニュース「東京商工リサーチ」・10/10)2017年1-9月「医療,福祉事業」の倒産状況 2018年4月の診療報酬と介護報酬の同時改定を前に、2017年1-9月の「医療,福祉事業」倒産は累計186件に達した。このペースで推移すると、倒産件数は介護保険法が施行された2000年以降で最多になる可能性が高くなった。 また、負債総額は大型倒産が前年同期より倍増したため、9月ま...

続きを読む

生きる希望持てない <問う安倍政権5年>

(Yahoo!ニュース「京都新聞」・10/09) 滋賀県南部の住宅街。4階建てマンションの一室の呼び鈴を「フードバンク滋賀」代表の太田茂雄さん(36)が押すと、小学校低学年ほどの男児と母親が出てきた。太田さんは日々の食事に困る家庭に、企業から提供を受けた食品を無償で配達する。「助かります」。菓子パンなどを受け取った母親は笑顔を見せた。「今は貧困が見えにくい」と太田さん。大半は、自治体の生活保護担当課など行政...

続きを読む

「眠れない」「生活が不安」相談200人超 九州豪雨“心の傷が顕在化する時期” 支援継続が必要

(Yahoo!ニュース「西日本新聞」・10/09) 福岡、大分両県を襲った九州豪雨で被災し、心の不調などを訴えて両県の災害派遣精神医療チーム(DPAT)と面談した人が延べ201人に上ることが分かった。豪雨発生から3カ月が過ぎ、専門家は「被災直後にはみられなかった心の傷が顕在化する時期」と指摘。被災者への支援継続の必要性を訴えている。 DPATは精神科医や保健師などで構成。福岡チームは豪雨5日後の7月10日から9月15日、大分は...

続きを読む

健康で得するサービスが続々 1日1万歩で電気代年1万円節約も

(Yahoo!ニュース「マネーポストweb」・10/09) 国を挙げて健康維持を促す試みが広がっている。なかでも近年増加しているのが、地方自治体による「健康マイレージ」だ。運動や健康診断の受診など健康維持の努力をした人が商品や金券といった“副産物”を得られるとあって、大きな反響を呼んでいる。 健康でお得なサービスを実施しているのは、自治体だけではない。電力自由化に伴い、電力会社の『イーレックス』が健康計測機器メー...

続きを読む

データが示す資産形成の必要性 iDeCo、つみたてNISA……老後資金は計画的に

(Yahoo!ニュース「BCN RETAIL REVIEW」・10/08) 【Visualization~商圏・人口・消費……地域経済分析システム「RESAS」より】 内閣府 地方創生推進室が作成した地域経済分析システム「RESAS(リーサス)」から、商圏や人口、消費行動に関わるグラフ/数字を紹介する。●社会人なら知っておきたい「年金」に関する基礎知識 2017年8月2日に改正年金機能強化法が施行され、老齢基礎年金の受給資格を得るために必要な期間(保険料を納...

続きを読む

食費は月2万円…だから野菜ジュースに頼るしかない?

以前このような記事が出ていたので、改めて食費は節約したいが面倒だと思う方のためにまとめてみました。管理栄養士さんの言葉は、このような内容でした。 「野菜ジュースは野菜の代わりになる? 」つまりは、 「野菜を食べられない食生活」そのものを見つめてほしい、ということ。決して「野菜ジュースを飲んではいけない」というわけではありません。  ある歯科医師さんは、「野菜、特に根菜類はしっかり咀嚼(そしゃく)し...

続きを読む

業務上の精神障害、医療・福祉が女性で最多 - 厚労省、過労死防止対策白書を公表

(Yahoo!ニュース「CBnews」・10/06) 厚生労働省は6日、「過労死等防止対策白書」(2017年版)を公表した。業務上の強い心理的負荷で精神障害となった事案を取り上げており、業種別の事案数は「製造業」が最多で、女性に限ると「医療、福祉」が最も多かった。【新井哉】 白書は過労死防止対策推進法に基づき、国会に毎年報告を行うもので、今回で2回目。過労死防止対策の参考となる調査・研究の結果を報告している。 17年版の...

続きを読む

スポーツの秋、到来~トレーニングのおすすめ品選

 最新のアイテムや様々なサービスを活用して「働き方改革」と「生活スタイル改革」を提案する復活com。今回は、今買うのにイチ押しのトレーニングに関するモデルをご紹介します。 暑い夏が終わって過ごしやすくなった今は、ジョギングやウオーキング、ジム通いなどを始めるには絶好のタイミング。季節が秋から冬へと進むにつれて、夏と比べて体に脂肪が蓄積されやすくなるからだ。 エクササイズを習慣化し、効果を最大化するた...

続きを読む

障害者暴行事件 県警OBの職員らを証拠隠滅容疑で逮捕へ

(NHK・10/04) 宇都宮市の障害者支援施設で、知的障害のある入所者に暴行したとして職員ら2人が逮捕された事件で、施設を運営する社会福祉法人の職員で栃木県警のOBら3人が、事件後に行われた内部調査の文書を処分した疑いがあることが捜査関係者への取材でわかりました。警察は、証拠隠滅の疑いで3人の逮捕状を取り、4日にも逮捕する方針です。  ことし4月、宇都宮市の障害者支援施設「ビ・ブライト」で、知的障害のあ...

続きを読む