2017年09月 - 復活com

記事一覧

福祉手帳 更新手続き短縮を 総務省、厚労省に要請

(毎日新聞・09/28) 総務省行政評価局は28日、精神疾患で生活に支障がある人らを支援する「精神障害者保健福祉手帳」の更新手続きに最長で6カ月かかっているケースがあるとして、厚生労働省へ短縮に向けた改善を要請した。 手帳を持つ人は2015年度末で約86万4000人。税金の免除や、地域によって電車やバスの運賃割引が受けられる。手帳は市区町村に申請し、都道府県か政令指定都市が審査して交付。2年ごとに更新...

続きを読む

平均賃金7万3000円 障害者就労A型事業の団体が初調査

(福祉新聞・09/28) 就労継続支援A型事業所全国協議会(久保寺一男理事長)が12日に発表した実態調査で、A型事業所で働く障害者の平均月額賃金が7万3000円であることが分かった。  調査は今年2月、全国にあるA型事業所3500カ所を対象に初めて実施(有効回答率28%)。定員の平均は18・8人。運営主体は企業(50%)、社会福祉法人(21%)、NPO法人(18%)、社団法人(10%)だった。  障害...

続きを読む

障害者事業所6割超が改善必要

写真はチューリップ。花言葉「誠実な愛」「愛の芽生え」(NHK・09/26)国からの給付金を受けて、障害者を雇用している事業所が経営に行き詰まり、障害者が相次いで解雇されている問題で、愛知県内の同じ形態の事業所のうち、6割以上が、国の基準を満たしておらず、経営を改善する必要があることがわかりました。問題となっているのは国の給付金を活用し、障害者と雇用契約を結んで最低賃金以上の賃金を支払う「就労継続支援A型」...

続きを読む

精神保健福祉法案が廃案に 相模原事件受け政府提出

(共同通信・09/26) 安倍晋三首相が臨時国会冒頭の28日に衆院を解散する意向を表明したことで、相模原の障害者施設殺傷事件を受けて措置入院患者の支援強化を盛り込んだ「精神保健福祉法改正案」が廃案になる見通しとなった。厚生労働省は、衆院選後に改正法案を提出し直す方向で検討を進めるという。 殺人罪などで起訴された植松聖被告(27)は、事件前の昨年2月、精神疾患のため他人を害する恐れがあるなどの理由で、精神保健...

続きを読む

心の障害をバリアフリー化するSEX革命の始まり。非感動ポルノ『パーフェクト・レボリューション』

写真は、ハス。花言葉「清らかな心」「神聖」「離れゆく愛」「雄弁」(楽天WOMAN・09/23) 乙武くんをマスメディアで見なくなって久しい。ベストセラー本を連発し、自身の原作小説の映画化『だいじょうぶ3組』(13)に出演するなど超売れっ子だった頃は、「障害があるのに下ネタが得意なんて、すごい!」ともてはやされたが、2016年の不倫報道によって「障害者なのに、けしからん!」と世間の手のひら返しに遭ってしまった。だが...

続きを読む

介護保険とは?給付の種類とそのサービス

(Yahoo!ニュース「ZUU online」・09/23)保険の中には国や自治体が運営する公的なものがあり、介護保険がそれに当てはまります。少子高齢化が深刻となるにつれて高齢者介護のニーズが高まり、昔と比べるとサービス内容が充実してきています。介護保険は、将来必要となる可能性は決して少なくありません。若いうちに、介護保険の給付の違いや受けられるサービスについて知っておきましょう。■介護保険とは介護保険とは、介護が必要...

続きを読む

<再犯防止計画>薬物犯罪者、社会で更生 懲役より治療重視

(Yahoo!ニュース「毎日新聞」・09/21) 昨年12月に成立した「再犯防止推進法」に基づき、政府が策定を進めている「再犯防止推進計画」の中間案に、薬物犯罪対策として、法務省と厚生労働省が薬物依存者を刑務所に収容せず、社会内での更生(立ち直り)を目指す施策の検討を盛り込むことが分かった。米国などで実施されている「ドラッグコート」(薬物法廷)も研究や検討の対象になるとみられる。政府は中間案を近く公表し、パ...

続きを読む

児童虐待通告、初の3万人超=面前DVなど、7割「心理的」―警察庁

(Yahoo!ニュース「時事通信社」・09/21) 今年上半期(1~6月)に全国の警察が虐待を受けた疑いがあるとして児童相談所に通告した18歳未満の子どもは、前年同期比5751人(23.5%)増の3万262人に上ったことが21日、警察庁のまとめで分かった。 上半期の統計を取り始めた2011年以降6年連続で増加し、初めて3万人を超えた。 同庁は、児童虐待への社会的な関心が高まり、警察への通報が増えたことなどが影響しているとみている。...

続きを読む

厚労省、障害に応じた働き方で研究会

(SankeiBiz・09/21) 障害者が本人の希望や障害の特性に応じた働き方ができるよう国の施策を見直すため、厚生労働省は20日、障害者団体や労使の代表者による研究会の初会合を開いた。来年夏ごろに対応策を取りまとめる。民間企業(従業員50人以上)で働く障害者は増加しており、昨年6月時点で約47万人。一方で精神障害の場合は職場の雰囲気になじめないなどの理由で定着率が低く、身体や知的障害の人も体力的な事情から一...

続きを読む

アルコール依存症治療に変化「断酒」から「減酒」へ 湯本洋介医師・外来を開設、テストで問題判定「日本ではこれから」

(東京新聞・09/19) お酒を飲み始めたら、やめられないアルコール依存症は、ブレーキの壊れた車にも例えられる。その治療は長らく「断酒」だけだったが、深刻な問題が生じる前の段階で医療が関わり、酒量を減らす「減酒」に導こうとの取り組みが動き始めた。うまくいけば飲酒者の健康度を上げるのに役立ちそうだが、問題がないのに自分の飲酒行動に疑問を抱くのは難しい。誰もが無縁とは言えない依存症。時には「自分は大丈夫?...

続きを読む

倉敷の法人事業 市規則に抵触 障害者解雇、市が監査結果公表

(山陽新聞・09/19) 倉敷市内で障害者の就労継続支援A型事業所が閉鎖し、多数の利用者が一斉解雇された問題で、同市は19日、運営していた一般社団法人「あじさいの輪」(同市片島町)に対する監査結果を明らかにした。問題は、障害者以外が作業の大部分を担う飲食店などの運営への関与▽不適切な会計処理▽収益が十分に上がらない経営内容―の3点に上った。 この日の倉敷市議会保健福祉委員会で、市が8月10日に行った監査の...

続きを読む

重度障害者に対応するグループホーム新設へ 報酬改定で世話人を手厚く

(福祉新聞・09/19) 厚生労働省は6日、障害者総合支援法に基づくグループホーム(GH)について、世話人の配置が手厚い「重度対応型」を新設する考えを明らかにした。入居者が高齢化・重度化していることに対応するが、どのような人が入居するかは今後詰める。一方、軽度者についてはできるだけアパートなどでの一人暮らしを促す観点から、GHの報酬を低く設定することも視野に入れる。軽度者のGH入居をめぐっては関連団体...

続きを読む

増加する認知症患者の身体拘束 本当に“仕方がない”のか〈週刊朝日〉

写真は、アサガオ。花言葉「愛情」「固い絆」「はかない恋」(Yahoo!ニュース「AERAdot.」・09/19) 身体拘束を受ける患者の数が増え続けている。背景として考えられるのが、認知症と診断される人の増加。転倒などを避けるため、安全管理の側面もあるが、やむを得ない処置なのか。医療ジャーナリストの福原麻希が拘束ゼロの取り組みから、その答えを探った。「どうして、こんなことになってるの?」 30代の女性は病院へ祖母のお...

続きを読む

性同一性障害の人の通称名 健保組合などの保険証にも認める

(NHK・09/17) 厚生労働省は、心と体の性が一致しない性同一性障害の人を対象に、「国民健康保険」に加えて、「健康保険組合」や「協会けんぽ」などの健康保険証にも、戸籍上の名前とともに通称名を記載することを認める通知を出しました。性同一性障害の人が、医療機関を受診した際に戸籍上の名前を呼ばれ、精神的な苦痛を感じるケースが指摘されていることから、厚生労働省は去年7月、自営業者らが加入する「国民健康保険」の...

続きを読む

公認心理師制度 ケア充実に新資格生かしたい

(読売新聞・09/17) 現代人が抱える心の問題に、新たな資格制度が大きな役割を果たしていくよう期待したい。 カウンセリングなどに携わる心理職の国家資格を定めた公認心理師法が15日、施行された。 超党派の議員立法で2015年に成立した。来年秋に1回目の国家試験が実施され、最初の公認心理師が誕生する予定だ。 心の問題で支援が必要な人々の心理状態を観察し、適切な助言や指導を与える。活動の場としては、医療現...

続きを読む

厚労省 障害者就労支援に実績反映 質向上へ報酬に差

(毎日新聞・09/14) 各地で障害者の大量解雇が相次いでいる障害者の就労支援事業について、厚生労働省は13日、障害者の賃金水準や活動実績に応じて、事業所に支払う報酬額に差をつける方針を固めた。質の向上を図るのが狙いで、来年4月の報酬改定で実施する。 同日開かれた有識者チームに考え方を示した。問題となっているのは、障害者が働きながら技能を身につける「就労継続支援A型事業所」。全国に約3600カ所あり、...

続きを読む

<障害者暴行>松本容疑者から虐待 別の施設の入所者が証言

(Yahoo!ニュース「毎日新聞」・09/16) 社会福祉法人「瑞宝会」が運営する栃木県宇都宮市の知的障害者支援施設「ビ・ブライト」で入所者の男性(28)が重傷を負った事件で、傷害容疑で逮捕された松本亜希子容疑者(25)から虐待を受けたと、同法人が運営する知的障害者支援施設「カーサ・エスペランサ」(栃木市)の入所者の50代女性が話していることが15日、分かった。栃木署は同日午前から、傷害容疑で同施設を家宅捜...

続きを読む