2017年08月 - 復活com

記事一覧

認知機能診断、悩む医師 患者が怒って来院しなくなったケースも 改正道交法施行5カ月

(Yahoo!ニュース「西日本新聞」・08/16) 75歳以上の高齢ドライバーに対する認知機能検査を強化した改正道交法が施行されて5カ月になるが、戸惑いを隠せないのが医療現場だ。診察対象者が認知症と診断されると運転免許の取り消しになりうるためで「実質的に医師が免許証を取り上げることになり、患者との関係が悪くなる」と診断に二の足を踏む。高齢ドライバーの事故は大分県内でも相次いでおり、公益性を見据えた判断が求められ...

続きを読む

プロフィール③はじめに

 突然の入院から9ヵ月後、統合失調症と診断されました。しばらくは仕事ができる身体でなくなったが故に、この先、人の役に立つ事ができるのだろうか。有意義な生活を送れるのだろうか。その問いに、日々思い悩んでいました。 そんな時、友人から「本を書いてみたら」と助言があり、「それを読んでみたい」と早速ファンができたことから始まりました。友人は、私が入院する前の私の状況によく似ていて、私の今の状況に興味をもっ...

続きを読む

プロフィール②

病歴状況発病日:平成25年8月頃  初診日:平成25年8月28日●受診していない(平成25年8月頃~平成25年8月27日) 仕事は、福岡で電気の監理技術者として、電機計装メーカーに転職して半年が経ったころである。42歳の頃であった。平成25年8月初旬から幻聴、幻覚、霊視が頻繁に起こり、不眠が続くようになる。主に、刻み込まれた映像が次々に脳裏に映し出され、宇宙の構造、自然から学べ、見よ、前世との繋が...

続きを読む

プロフィール①

写真は、宮崎県延岡市にある祝子川で奥に見えるのが行縢山です。病気を患う以前は、電気監理技術者、ライフプランナー等の経験をつんでおりましたが、42歳の時、病気を患い人生をセミリタイアしてしまいました。病気を克服するため、治療に専念するため子供2人を元妻に託して、早5年と月日は過ぎてしまいました。現在は、47歳になり、病気を患った経験も活かして、社会の不自由さや人生をもう一度やり直すならとの視点で綴っ...

続きを読む

うつ、パニック障害…“心の病気”は鉄分不足も一因か

(Yahoo!ニュース「女性自身」・08/10)「うつやパニックの症状を訴えて私のクリニックに退院した女性の血液検査の結果をみると、ほとんどの患者さんは血液中の鉄分量が不足している状態だということがわかりました。そこで、うつやパニック障害の症状を訴えてきた患者さんに、投薬治療とともに、鉄分を補う栄養療法を行いました。すると4カ月目あたりから鉄不足が解消され、少しずつ元気を取り戻して、薬を手放すことができるよう...

続きを読む

問題山積の就労継続支援事業 倉敷・障害者大量解雇 類似ケース続発の懸念

(山陽新聞・08/07) 倉敷市内などで障害者就労継続支援A型事業所を運営する一般社団法人「あじさいの輪」(同市片島町)と、同グループの株式会社「あじさいの友」(同)が、倉敷市内にある5カ所の事業所を7月末で閉鎖、これに伴い利用者の障害者約220人が解雇された。同A型事業所は障害者と雇用契約を結んで事業収入から各都道府県の最低賃金以上の賃金を払い、最終的には一般企業などへの就労をサポートするのが目的。...

続きを読む

介護福祉士養成校の半分が定員割れ 留学生は倍増

(Yahoo!ニュース「福祉新聞」・08/07) 今年4月入学の介護福祉士養成施設の定員充足率が前年と比べて1ポイント減の45・7%であることが、7月26日、日本介護福祉士養成施設協会(介養協、澤田豊会長)のまとめで分かった。 介養協によると、入学定員1万5891人に対する入学者は7258人。このうち学費の一部を雇用保険で補てんされる離職者訓練制度対象者が1307人、外国人留学生が591人に上った。入学者の4人に1人は社会人経験者か...

続きを読む

認知症でリフォーム詐欺に! 地域包括支援センターが取った対応とは…〈dot.〉

(Yahoo!ニュース「AERAdot.」・08/06) 各自治体の地域包括支援センターは、困りごとの相談を受け、必要な支援につなぐ「ハブ」の役割を果たす。東京都世田谷区の場合、「あんしんすこやかセンター」という名称で、区内27カ所に設置されている。週刊朝日MOOK「家族で読む予防と備え すべてがわかる認知症2017」では、具体的にどのようなサポートをしてくれるのか、同センターの内藤麻里さん(社会福祉士)、佐々木由実さん(同...

続きを読む

宅間守鑑定医が語る「人格障害とは何か」

(Yahoo!ニュース「創」・08/04)宅間守精神鑑定書の刊行がもたらした反響 2013年5月下旬に出版された『宅間守精神鑑定書』(亜紀書房刊)が大きな反響を呼んだ。著者は元京都府立洛南病院の院長だった岡江晃さんだ。1972年から洛南病院で精神科医を務め、92年から刑事事件の精神鑑定を担当するようになった。この本を出版した時は同病院を辞めて他の病院に勤務していたが、その後、がんのために亡くなってしまう。 宅間守(以下...

続きを読む

精神疾患で休職5,000人超 心配な先生の「心の健康」

(Yahoo!ニュース「ベネッセ教育情報サイト」・08/04)先生方のメンタルヘルスの現状は、どうなっているのでしょうか。減ったとはいえ184人に1人の割合教員のメンタルヘルスについて実態の一端を示すのが、病気休職者のうち精神疾患を理由とする者の推移です。文部科学省は毎年、公立学校教職員の人事行政について調査していますが、2015(平成27)年度の精神疾患による病気休職者は全国で5,009人となっており、3年連続で5,000人...

続きを読む

2017夏の思い出~ひまわりの追憶~

ひまわりの約束 by秦基博https://youtu.be/eXTo49Qo-9Ehttps://youtu.be/upY_ls0Ndss【作業用BGM】新海誠×天門 音楽集https://youtu.be/zehrfcBC1AcYour Love Is King by Sadehttps://youtu.be/gLtqfRKdyEwHonesty by Billy Joelhttps://youtu.be/fed8-0tjcQ0The Rose  by Bette Midler (歌詞字幕)English & Japanese Lyricshttps://youtu.be/CB4EgdpYlnk2017夏の思い出~ひまわりの記憶~...

続きを読む

「生活保護の不正受給」は減らせるのか

(Yahoo!ニュース「PRESIDENTonline」・08/03)■「偽装離婚」の摘発は依然として難しい 厚生労働省は2015年3月、2013年度の生活保護費の不正受給が4万3230件、総額186億9033万円だったと発表しました。金額は前年度より約3.6億円減ですが、件数は過去最悪を更新しました。生活保護は制度上、住民登録がなくても居住実態さえあれば申請が行えます。このため自治体間で受給実態の情報が共有されておらず、不正受給の原因の一つとも...

続きを読む

障害者殺傷事件の施設 分散して再建整備へ 最終報告書

(NHK・08/02)46人が殺傷される事件が起きた相模原市の知的障害者施設の再建を検討する神奈川県の部会が開かれ、元の場所での建て替えとともに、入所者が一時的に移転している横浜市にも施設を整備し、分散するとした最終的な報告書をまとめました。県は、これを基に来月中にも正式な再建策を決めることにしています。去年7月、相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で、入所者が次々に刃物で刺され、19人が殺害され...

続きを読む

カンニング竹山「障害者を泣けるストーリーでしか伝えないのはメディアの間違い」

(AERAdot.・08/02) ロンドンでのパラ陸上の世界選手権が7月23日、閉幕した。日本勢は過去最多となる16個のメダルを獲得したが、8月4日から開幕する世界陸上に比べて国内では報道も少なく、その活躍はなかなか伝えられなかった。カンニング竹山さんは「テレビや教育が、障害者に向ける目線を間違えてきた」と話す。 世界パラ陸上はテレビで少ししか見られなかったけど、ロンドン市民がすげー盛り上がってましたね。ただアスリー...

続きを読む

発達障害の人と「良い関係」を保つコツ

(毎日新聞「医療プレミア」・08/02)工藤千秋 / くどうちあき脳神経外科クリニック院長 前々回、前回と2回にわたって発達障害についてお話ししてきました。疫学調査の結果から、注意欠陥多動性障害(ADHD)は成人の1.65%が抱えており、自閉症スペクトラム障害に含まれるアスペルガー症候群を抱える人は人口の1%と言われています。つまり、これらの発達障害は決して珍しくはありませんし、私自身の経験からはもっと多いのではな...

続きを読む

東京パラリンピックに向けバリアフリー実現の提言策定 経団連着手

(SankeiBiz・08/01) 経団連は、2020年東京五輪・パラリンピックに向け、バリアフリーを実現するための提言の策定に着手した。海外の主要都市などに比べ、バリアフリーの取り組みが遅れているとしてインフラ整備の加速のほか、「声かけ」によるサポートなどソフト面での対応も盛り込む。今年度中にも取りまとめる。 首都圏では鉄道会社や商業施設などがエレベーターの新設、段差の解消などバリアフリー化を進めている。しか...

続きを読む

一点張り・論説室から 幸せをつくる福祉の仕事とは=野沢和弘

(毎日新聞・08/01) リゾートホテルはたまに行くから快適なのだ。どんなに素晴らしいホテルでも、この先ずっとホテル内だけで生きることを強いられたら、監獄のように感じ始めるのではないか。 19人の障害者が殺害された「津久井やまゆり園」(相模原市)の建て替え問題で、町中に小規模施設を分散して建設する神奈川県の方針に家族会や職員らは反対している。「施設規模を小さくしないでほしい」「自分の仕事が否定されたと...

続きを読む