2017年07月 - 復活com

記事一覧

急拡大する「発達障害ビジネス」その功と罪

(現代ビジネス・07/28)発達障害とは何か?発達障害は今や医学だけではなく教育や福祉も含めていわば社会の抱える大きな問題となっている。しかし発達障害が何を意味するかについてはわが国と米国でも異なるし、発達障害者支援法における定義(第2条:自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものとして政令...

続きを読む

自治体初の「引きこもり支援」は地域の孤独を解消できるか?

(Yahoo!ニュース「DIAMONDonline」・07/27)● 岡山県総社市「引きこもり」の実態 市町村で全国初の支援センター設置 岡山県総社市は今年度、一般の市町村では全国初となる「ひきこもり支援センター」(愛称“ワンタッチ”)を開設した。 地域で独自に水面下の支援ニーズを掘り起こそうとする総社市の先駆的な「ひきこもり支援」の取り組みは、国も先進事例として紹介するなど、今後、全国から注目を集めそうだ。  また、ワンタ...

続きを読む

自殺死亡率、10年間で3割以上減へ - 政府が新たな大綱を閣議決定

(Yahoo!ニュース「医療介護CBニュース」・07/26) 政府は25日、新たな「自殺総合対策大綱」を閣議決定した。重点施策として、勤務問題による自殺対策の項目を追加し、長時間労働の是正や職場でのメンタルヘルス対策、ハラスメント防止対策などに取り組むとしたほか、人口10万人当たりの自殺者数を示す自殺死亡率を、10年間で3割以上減らす目標を掲げている。【松村秀士】 大綱は、国の自殺対策の指針となるもので、2007年6月に...

続きを読む

障害者「職場で虐待」972人=給料搾取や暴力―16年度厚労省調べ

(Yahoo!ニュース「時事通信社」・07/26) 2016年度に職場で給料の搾取や暴力、わいせつ行為などの虐待を受けた障害者が972人いたことが26日、厚生労働省のまとめで分かった。 前年度より151人(13.4%)減った。 全国の労働局が障害者虐待防止法に基づき、虐待が疑われるとの通報などを受けて1316事業所を調査した。うち581事業所で虐待の事実を確認し、是正指導などを行った。 虐待を受けた障害者は知的障害が53%と多く、...

続きを読む

離職者多い保育士…3人に1人、精神的ケア必要 全国で

(Yahoo!ニュース「朝日新聞」・07/26) 保育士の3人に1人が精神的ケアを必要としているものの6割の施設でサポート体制が整っていないことが、厚生労働省研究班の調査でわかった。保育士の労働環境をめぐっては、長時間にわたる過重労働で離職者も多く、待機児童問題の解消につながっていない。研究班は「精神的な支援は保育士の離職者を減らす重要な課題。早急に体制整備の必要がある」と指摘している。 調査は、昨年2月か...

続きを読む

2017夏の思い出~ひまわりの記憶~

新たな出会いファイト! by吉田拓郎https://youtu.be/kGl9M0_CCqIファイト! by中島みゆきhttps://youtu.be/XNiIDTOnd_I出会いのはじまりひまわりの約束 by秦基博https://youtu.be/eXTo49Qo-9Ehttps://youtu.be/upY_ls0Ndssキラキラな出会いキラキラ by小田和正https://youtu.be/ctJ9yivGZJg深い出会い「365日」by Mr.Childrenhttps://youtu.be/43D_nBGfuGY出会いにいつでも微笑みをいつでも微笑みを & youthful days  by M...

続きを読む

障害者ら400人課題共有 横浜で支援団体全国大会

(Yahoo!ニュース「カナロコ」・07/22) 精神障害者支援団体のネットワーク組織「あみ」(NPO法人全国精神障害者地域生活支援協議会)の20周年を記念する全国大会が21日、横浜市中区のワークピア横浜で始まった。障害当事者や支援者ら約400人が参加し、精神障害者福祉の課題を共有した。22日まで。 壇上では「相模原障害者殺傷事件-優生思想とヘイトクライム」などの近著がある立命館大学大学院の立岩真也教授が講...

続きを読む

精神科病院での身体拘束「しっかりと調べて対処」 - 塩崎厚労相

(Yahoo!ニュース「医療介護CBニュース」・07/21) 精神科病院などで患者の体をベッドに固定する身体拘束について、塩崎恭久厚生労働相は21日の閣議後の記者会見で、「(実態を)しっかりと調べて対処していく」と述べた。【松村秀士】 精神保健福祉法では、精神科病院の管理者は医療や保護に欠かせない限度で入院患者の行動に必要な制限をすることができるとされている。最近は医療機関で患者の手や足などを固定するケースが増...

続きを読む

経済財政白書 人手不足、バブル期並み 働き方改革提言

(毎日新聞・07/21) 石原伸晃経済再生担当相は21日の閣議に2017年度の年次経済財政報告(経済財政白書)を提出した。人手不足が1980~90年代のバブル期並みに深刻化していると指摘。労働者の生産性が米国の6割、欧州の8割と低水準にとどまる点とともに、日本経済が抱える課題に挙げた。労働力不足による低成長を打開するため、残業を抑えて多様な勤務形態を認める「働き方改革」を進め、生産効率を高める必要性を...

続きを読む

九州北部豪雨、激甚災害に指定…防災相が発表

(読売新聞・07/21) 松本防災相は21日、閣議後の記者会見で、九州北部豪雨による福岡、大分両県の被害などを激甚災害に指定すると発表した。 農業関連施設、公共土木施設、中小企業などの被害額を査定した結果、20日時点で激甚災害の指定基準を上回ることが判明した。閣議決定は全国の梅雨明けを待って行う。指定により、災害復旧事業への国庫補助率は、通常の7~8割程度から最大9割程度にまで引き上げられる。 農業関...

続きを読む

<九州豪雨>被災者の心のケア課題 精神科医や看護師が巡回

(Yahoo!ニュース「毎日新聞」・07/21) 九州北部豪雨の被災地で避難生活が長引き、被災者の心のケアが課題となっている。被災のショックや疲労から不眠、食欲不振などを訴える人が目立ってきており、福岡、大分両県で医師や看護師らが巡回を強化している。今後、長期的にきめ細かいサポートができるかが問われそうだ。【円谷美晶、西嶋正法、田畠広景、青木絵美】 「この先、どこに住めばいいのかと考えると眠れない」。自宅が...

続きを読む

薬物依存症治療のプロは清原和博のいまをこう見ている

(現代ビジネス・07/19)清原氏の驚くべき変貌元プロ野球選手の清原和博氏が、昨年5月に執行猶予判決を受けてからはじめて、雑誌(『Number』)のインタビューに答えた。その表紙には髪を七三に整え、紺色のスーツに涼しげな水色のネクタイを締め、すっきりと痩せた姿で登場し、誰もがその変貌に驚いたことだろう。Number(ナンバー)930号【電子書籍】価格:500円(2017/7/23 07:33時点)感想(0件)かつての姿と言えば、丸々と太って黒...

続きを読む

就労の障害者220人に解雇予告

(gooニュース「山陽新聞社」・07/20) 倉敷市内にある障害者の就労継続支援A型事業所5カ所が今月末で閉鎖され、働いている障害者約220人が解雇予告を受けていることが20日、分かった。 障害者の一斉解雇としては全国的にも異例の規模。同市などは同日、再就職に向けた説明会を市内で開いた。 市などによると、閉鎖されるのは市内の一般社団法人が運営する4カ所と、同法人の代表理事が経営する株式会社運営の1カ所。2...

続きを読む

生活保護の「扶養義務の強化」は「貧困の連鎖」を生む

(Yahoo!ニュース・07/20)生活保護の「扶養義務の強化」は「貧困の連鎖」を生む今朝、下記のニュースを目にしました。朝日新聞デジタル:生活保護の「扶養義務」を調査へ時事通信:扶養調査の実態把握へ=生活保護適正化で-厚労省両記事によれば、・生活保護の支給の適正化に向けた「扶養調査」の実態把握をおこなう・不適切に扶養を逃れている場合について対応を改善させることを狙いとして調査をおこなうとのことです。また、...

続きを読む

駅の自殺防止ポスター、「遺族追い込む」と撤去も

(Yahoo!ニュース「朝日新聞」・07/20) 愛知、岐阜両県の鉄道駅に掲示中の自殺防止ポスターが波紋を広げている。鉄道利用者への影響を指摘する文言を盛り込んだところ、有識者らが自殺者の遺族を傷つけると指摘。抑止効果についても疑問が寄せられた。苦情を受け、一部に撤去の動きも出ている。 ポスター制作を呼びかけたのは名鉄。JR東海、近鉄、名古屋市営地下鉄も賛同し昨年10月、約850枚を441駅に掲示した。 ス...

続きを読む

もう二度と 相模原殺傷事件1年 高い地価・住民反対、障害者の地域移行停滞 都外施設に3000人

(毎日新聞・07/20) 東京都内の知的障害者のうち約3000人が、都や都内区市町村の財政支出がある14県の「都外施設」で生活していることが、都などへの取材で分かった。都は1997年、障害者虐待事件をきっかけに都外施設の新規建設をやめ、自宅近くで暮らせるようにする方針を打ち出したが、この20年間で入所者は減っていない。相模原障害者施設殺傷事件でも浮かんだ障害者の地域移行が進まない実態の一端が見える。【...

続きを読む

精神保健指定医、資格審査でミス…指定取り消し

(Yahoo!ニュース「読売新聞」・07/20) 厚生労働省は19日、精神障害者の強制入院などを判断する精神保健指定医の資格審査で、要件を満たしていなかった医師1人を、誤って合格させるミスがあったと発表した。 発表によると、同省は3月22日、資格を審査する医道審議会の専門部会で、この医師と別の医師の資料を取り違えて配布。申請内容に不備のあった医師を合格とし、本来は合格だった医師を継続審査とした。6月にミスが...

続きを読む