社会背景 - 復活com

記事一覧

解雇の障害者に1千万円超の救済 広島県など事業所給付金分配検討

(Yahoo!ニュース「山陽新聞」・12/08) 広島県福山、府中市で就労継続支援A型事業所を運営していた一般社団法人「しあわせの庭」(福山市曙町)が障害者112人を解雇した問題で、広島県と一部の関係自治体が、賃金などが未払いとなっている元利用者の救済策として、事業所に支給する予定だった給付金1千万円超を元利用者に直接分配する方向で調整していることが7日、関係者への取材で分かった。 元利用者の保護を最優先した異例...

続きを読む

人権を侵害されてきた“ハンセン病”の歴史

(Yahoo!ニュース「日テレNEWS24」・12/05) 12月4日から12月10日は、偏見や差別のない社会の実現を呼びかける「人権週間」だ。かつて根強い差別にさらされ、人権を侵害されてきた“ハンセン病”についてお伝えする。 誰もが平等に持つべき人権が国により侵害された“ハンセン病”の歴史。ハンセン病はらい菌の感染によるもので、治療薬がなかった時代には、症状が悪化し顔や手足が変形していった。原因は遺伝によるものだと...

続きを読む

<精神科入院>身体拘束、2割「診察なし」 NPOが調査

(Yahoo!ニュース「毎日新聞」・12/04) 精神科入院中に身体拘束を受けた人のうち2割以上が、拘束中に医療者による見守りや診察を一度も受けなかったと回答したことが、精神障害のある人たちでつくるNPO「地域精神保健福祉機構」(略称コンボ)が実施したアンケートで分かった。精神保健福祉法の運用基準で、拘束中の見守りや診察は必須と定められているが、順守されていない可能性が浮かび上がった。 コンボは9月、精神疾...

続きを読む

障害者の給食費「賃金より高くなる」 軽減制度存続訴え

(Yahoo!ニュース「京都新聞」・11/30) 障害者施設に通う利用者の食費負担を軽減する制度が廃止される可能性が高まっているとして、京都府の宇治市障害者施設保護者連絡協議会は29日、制度の存続を国に求めることを決めた。「このままだと障害者が働いて得る賃金より、給食費が高くなる」など切実な声が上がっている。 制度は「食事提供体制加算」で、施設が利用者に出す食事を1食650円と計算し、うち300円を公費で補...

続きを読む

厚労省 障害者の食費負担、軽減廃止を提案 検討会議

(毎日新聞・11/27) 厚生労働省は27日、来年度の障害福祉サービスの報酬改定をめぐり、障害者の自立支援や就労支援などを行う通所系サービスで、食費負担の軽減措置の廃止を検討会議で提案した。しかし、対象者は数十万人に上るとみられ、委員からは「唐突だ」など慎重な意見が相次いだ。 サービス事業所が、施設内で調理して利用者に食事を提供した場合、1回約300円が事業所への報酬に加算される仕組み。調理などの人件...

続きを読む

【講師のホンネ】「特例子会社」について知っておこう 紺野大輝

(SankeiBiz・11/22) 障害者雇用の研修を行う際、参加者に「特例子会社について知っている人」と促すと、なかなか手が上がらない。障害者採用の当事者である経営者や人事担当者でさえ反応は鈍いが、ぜひ知っておいてほしい。 障害者の働き方は大きく2つに分かれる。一般就労と福祉的就労だ。福祉的就労とは、障害者総合支援法に定められた就労系障害福祉サービスである。通常の事業所に雇用されることが困難な障害者に、就労の...

続きを読む

<障害者の強制不妊手術>審査経緯明らかに 検診録など発見

(Yahoo!ニュース「毎日新聞」・11/16) 旧優生保護法の下で実施された障害者の強制不妊手術について、手術を申請した理由や経緯を記録した資料が神奈川県立公文書館で見つかった。10代女性が「月経の始末もできない」として対象になるなど、優生手術の具体的状況が公文書で初めて明らかになった。 発見されたのは1962年度と63年度、70年度の公文書で、強制不妊手術の適否を決める優生保護審査会に提出された申請書や...

続きを読む

介護職員処遇改善の財源、「報酬とは別で」 - 関連団体・職能団体が厚労相らに要望

写真は、カキツバタ。花言葉「幸せは必ずくる」(Yahoo!ニュース「医療介護CBニュース」・11/15) 11の介護関連団体と職能団体は15日、加藤勝信厚生労働相らに対し、介護現場を守るために集めた180万超の署名の結果を報告した上で、介護職員の処遇改善に関する財源を介護報酬とは別の財源で手当てすることを要望した。【松村秀士】 署名は、全国老人保健施設協会(全老健)や全国老人福祉施設協議会、日本介護福祉士会、日本看護...

続きを読む

障害者解雇 A型7割、要経営改善 就労継続支援の事業所

(毎日新聞・11/12) 障害者が働く就労継続支援A型事業所で大量解雇が相次いだ問題を受けて、厚生労働省が実施した経営実態調査によると、全国約3600事業所の7~8割が指定基準を満たさず、経営改善の必要があった。11日、名古屋市で開かれた業界団体の会合で、厚労省が見通しを示した。 A型事業所を巡っては岡山・香川県で7月に7カ所が一斉閉鎖され障害者282人が解雇され、愛知県でも8月に経営に行き詰まった運...

続きを読む

大人の発達障害、「ミスが多い」「もの忘れが多い」人はADHDかも?

(Yahoo!ニュース「DIAMONDonline」・11/11) 「同じミスを繰り返す」「締め切りが守れない」「もの忘れが多い」――。会社で上司に指摘されて悩んでいる方、もしかすると注意欠如・多動性障害(ADHD)が原因かもしれません。「大人の発達障害」をテーマに、前編ではその定義とアスペルガー症候群を中心とした「自閉症スペクトラム障害(ASD) 」について紹介しました。後編では、大人の発達障害としてASDと並び問題となる...

続きを読む

就労B型は平均工賃で成果計る 2018年度障害報酬改定

写真は、ラベンダー。花言葉「期待」「沈黙」「私に答えてください」「不信感」「疑惑」(福祉新聞・11/08) 厚生労働省は10月31日、障害福祉サービスの就労継続支援B型事業の基本報酬について、利用者の平均工賃をもとに基本報酬を設定する考えを明らかにした。同A型事業については利用者の平均労働時間に応じて設定する。いずれも事業所の成果に応じてメリハリをつける方針。一方、特にB型は稼ぐことだけを目的とした利...

続きを読む

奇形の顔「受け入れられない」…家族が手術拒否、ミルク飲めず赤ちゃん餓死

この記事は、私にとって、ショックと同時に考えさせられる記事だったので、シェアも一つですが、赤ちゃんを生かしてあげられる世の中、社会を目指すべきだではないかとは思いました。(Yahoo!ニュース「読売新聞」・11/05)小児外科医 松永正訓 医師として関わってきた多くの子どもの中には、忘れられない子が何人もいます。その中で、最悪の記憶として残っている赤ちゃんがいます。前回のコラムで、障害児の受容は簡単ではない...

続きを読む

有料老人ホーム 入居一時金の保全措置取らぬ施設は全国264

(Yahoo!ニュース「NEWSポストセブン」・11/03) 高齢化社会のいま、介護業界では近年、倒産や休廃業が急増している。東京商工リサーチによれば、2016年には老人福祉・介護事業の倒産件数は108件にのぼり、過去最多を更新した。 倒産の原因には、介護報酬のマイナス改定や、資金調達力に劣る新規事業者の参入などが挙げられている。倒産の業種では訪問介護がもっとも多いが、有料老人ホームも例外ではない。 今年7月14日には、...

続きを読む

兵庫県立こども病院  障害者不妊手術称賛?団体など抗議文

(毎日新聞・10/31) 兵庫県立こども病院(神戸市)が昨年発行した「病院移転記念誌」に、かつて実施されていた精神障害者や知的障害者への強制不妊手術を称賛するかのような記述があったことが分かった。全国40以上の障害者団体や市民グループが1日、病院や県に抗議文を提出する。 問題の記述は小川恭一名誉院長の寄稿で、1970年の病院設立当初を振り返った部分。当時の金井元彦知事が「子供に障害が起こってしまってか...

続きを読む

社会福祉士を地域支援の旗振り役に 厚労省 カリキュラム改正へ

(福祉新聞・10/31) 厚生労働省は24日、社会福祉士養成の見直しに関連し、地域住民が主体的に生活課題を解決するよう社会福祉士が関わることを養成目標の一つにする考えを社会保障審議会福祉部会福祉人材確保専門委員会(座長=田中滋・慶應義塾大名誉教授)で明らかにした。かねて提唱する「地域共生社会」の実現に向け、社会福祉士が住民活動の拠点づくりや立ち上げを支援することを想定。社会福祉法人も巻き込むなど地域の...

続きを読む

<犯罪被害者>48支援センター 精神ケア、4割が不十分

(Yahoo!ニュース「毎日新聞」・10/29)◇PTSD治療できる提携医療機関と精神科医のリスト持たず 全国48カ所にある犯罪被害者支援センターのうち約4割の20カ所が、犯罪被害者や遺族に心的外傷後ストレス障害(PTSD)などの治療ができる提携医療機関と精神科医のリストを持たないことが毎日新聞のアンケートで分かった。相談に訪れた犯罪被害者らにPTSDなどの治療が必要でも、情報不足で対応に苦慮するケースも確認...

続きを読む

財務省、診療・介護報酬の同時マイナスを主張

(医療介護CBニュース・10/25) 財政制度等審議会(財政審)の分科会の会合が25日開かれ、財務省は、2018年度に診療報酬本体と介護報酬を共に引き下げる必要があると主張した。民間の賃金や物価を超える水準で診療報酬本体が推移しているためで、薬価や材料費を含む診療報酬全体では、20年度以降の改定でも2%台半ば以上引き下げる必要があると指摘した。【越浦麻美、兼松昭夫】 診療報酬本体の引き下げが行われれば、06年度(マ...

続きを読む