高齢者問題 - 復活com

記事一覧

後継者不足で関西の中小廃業加速、4兆円消失へ

Yahoo!ニュース「読売新聞」・11/04) 後継者不足から中小企業の廃業が進み、関西では2025年頃までの約10年間で約118万人の雇用と約4兆円の域内総生産(GRP)が失われるとの試算を、近畿経済産業局がまとめた。 後継ぎがいなくても対策を先送りする経営者が多いといい、「会社を第三者に売却するなど早めに事業承継の手を打つべきだ」としている。 近畿経産局は、中小企業庁の試算をもとに、近畿2府4県と福井県...

続きを読む

老人ホームに追加料金の罠 館内移動介助やシーツ交換にも

(Yahoo!ニュース「NEWSポストセブン」・11/03) 介護業界では、近年、倒産や休廃業が急増している。東京商工リサーチによれば、2016年には老人福祉・介護事業の倒産件数は108件にのぼり、過去最多を更新した。倒産の原因には、介護報酬のマイナス改定や、資金調達力に劣る新規事業者の参入などが挙げられている。倒産の業種では訪問介護がもっとも多いが、有料老人ホームも例外ではない。 突然の倒産以外にも、老人ホームに入っ...

続きを読む

徘徊、妄想などの周辺症状を予防 最近の認知症治療のアプローチ

写真は、イチゴ。花言葉「尊重と愛情」「幸福な家庭」「先見の明」「あなたは私を喜ばせる」(Yahoo!ニュース「山陽新聞」・10/16) 「最近の認知症治療のアプローチ」について、慈圭病院(岡山市)の石津秀樹副院長に寄稿してもらった。  ◇ 慈圭病院は2012年3月に岡山県認知症疾患医療センターに指定され、主に県の南東部、備前地区の認知症相談や治療に当たっています。岡山市内にはほかに二つの認知症疾患医療センター(岡...

続きを読む

データが示す資産形成の必要性 iDeCo、つみたてNISA……老後資金は計画的に

(Yahoo!ニュース「BCN RETAIL REVIEW」・10/08) 【Visualization~商圏・人口・消費……地域経済分析システム「RESAS」より】 内閣府 地方創生推進室が作成した地域経済分析システム「RESAS(リーサス)」から、商圏や人口、消費行動に関わるグラフ/数字を紹介する。●社会人なら知っておきたい「年金」に関する基礎知識 2017年8月2日に改正年金機能強化法が施行され、老齢基礎年金の受給資格を得るために必要な期間(保険料を納...

続きを読む

介護保険とは?給付の種類とそのサービス

(Yahoo!ニュース「ZUU online」・09/23)保険の中には国や自治体が運営する公的なものがあり、介護保険がそれに当てはまります。少子高齢化が深刻となるにつれて高齢者介護のニーズが高まり、昔と比べるとサービス内容が充実してきています。介護保険は、将来必要となる可能性は決して少なくありません。若いうちに、介護保険の給付の違いや受けられるサービスについて知っておきましょう。■介護保険とは介護保険とは、介護が必要...

続きを読む

異業種参入が相次ぐ「認知症予防」ビジネス、学習塾やスポーツクラブにIT企業も

写真は、ハス。花言葉「清らかな心」「神聖」「離れゆく愛」「雄弁」(Yahoo!ニュース「ビジネス+IT」・09/18) 9月18日は「敬老の日」。老後の生活設計にとって大きな脅威になるのが「認知症」である。将来は認知症になる高齢者が1000万人を超えると推計される中、「認知症予防」は介護予防の一分野を超えて国民的な関心事と言っていいだろう。予防は「脳トレ」にとどまらず、食生活、日常の運動から人間関係づくりに至るまで、...

続きを読む

孤独死、不妊、痴漢、知的障害…「こんな保険があったら」少額短期保険に存在感

(Yahoo!ニュース「産経新聞」・09/16) 生活者や企業からの「こんな保険をつくってほしい」という要望に応えてきた少額短期保険会社の存在感が高まってきた。保険会社は万人を対象にするため、需要があっても小口で収益性が乏しいと判断すれば開発を見送るが、独自性にこだわる少短はニッチ商品でも顧客が求めるなら商品化に取り組む。こうした姿勢で注目の商品が続々と誕生している。■大手から初の依頼 SOMPOホールディン...

続きを読む

介護事業・支援計画、医療計画と整合性を - 厚労省、基本指針改正案のパブコメ募集

(Yahoo!ニュース「医療介護CBニュース」・09/04) 厚生労働省は、介護保険事業計画などに関する基本指針の改正案のパブリックコメントの募集を30日まで行っている。2018年度以降、市町村の介護保険事業計画(事業計画)と都道府県の介護保険事業支援計画(支援計画)、医療計画の作成や見直しが同時期に行われることを踏まえ、医療計画との整合性を確保するよう促している。【新井哉】 厚労省によると、基本指針には、在宅医療...

続きを読む

認知症事故、市が賠償代替…鉄道会社に最大3億

(読売新聞・08/25) 神奈川県大和市は、認知症の高齢者が電車にはねられ、家族が高額の損害賠償を求められた場合などに最大3億円の賠償金を肩代わりする制度を新設する。 市が民間の保険に加入して対応する。公費でこうした取り組みを行うのは全国で初めてという。 認知症の高齢者の鉄道事故では、愛知県大府市で2007年、死亡した高齢男性の家族がJR東海から約720万円の賠償を求められ、1審、2審が家族に賠償を命...

続きを読む

認知機能診断、悩む医師 患者が怒って来院しなくなったケースも 改正道交法施行5カ月

(Yahoo!ニュース「西日本新聞」・08/16) 75歳以上の高齢ドライバーに対する認知機能検査を強化した改正道交法が施行されて5カ月になるが、戸惑いを隠せないのが医療現場だ。診察対象者が認知症と診断されると運転免許の取り消しになりうるためで「実質的に医師が免許証を取り上げることになり、患者との関係が悪くなる」と診断に二の足を踏む。高齢ドライバーの事故は大分県内でも相次いでおり、公益性を見据えた判断が求められ...

続きを読む

認知症でリフォーム詐欺に! 地域包括支援センターが取った対応とは…〈dot.〉

(Yahoo!ニュース「AERAdot.」・08/06) 各自治体の地域包括支援センターは、困りごとの相談を受け、必要な支援につなぐ「ハブ」の役割を果たす。東京都世田谷区の場合、「あんしんすこやかセンター」という名称で、区内27カ所に設置されている。週刊朝日MOOK「家族で読む予防と備え すべてがわかる認知症2017」では、具体的にどのようなサポートをしてくれるのか、同センターの内藤麻里さん(社会福祉士)、佐々木由実さん(同...

続きを読む

無届け老人ホーム、病院が紹介「7割」…身寄りない低所得高齢者をやむなく

都道府県などへの届け出をしていない違法な「無届け有料老人ホーム」を対象とした調査で、7割の施設が、病院やケアマネジャーから入居者を紹介されていたことがわかった。 無届けホームは一般的に費用が安く、医療・福祉関係者が、身寄りのない低所得の高齢者をやむなく紹介する例が多いとみられる。 調査は、高齢者住宅財団(東京)が2016年11月、全国の無届け有料老人ホーム692か所に調査票を送り、32・5%の22...

続きを読む