人工知能AIとロボット - 復活com

記事一覧

対話を通じて健康を支えるAI搭載のパーソナルロボット「MABU」

(Yahoo!ニュース「bouncy」・12/14)アメリカのCatalia Health社が開発した、健康管理をサポートしてくれるAI搭載の対話型パーソナルロボット「MABU」。コミュニケーションを通して好みや治療方法などを学習し、ユーザーの健康管理をサポートしてくれるロボットだ。・コミュニケーションを通してユーザーを理解するロボット「MABU」は音声とタブレットに表示するテキストでコミュニケーションが可能で、やり取りを通じてユーザー...

続きを読む

富士通、自然な対人コミュニケーションを実現する「ロボットAIプラットフォーム」

(Yahoo!ニュース「Impress Watch」・12/12) 富士通株式会社は12日、自然な対人コミュニケーションを実現する「ロボットAIプラットフォーム」を提供開始すると発表した。自然対話、表情認識、音声感情分析、顔認識など、コミュニケーションにかかわるAI技術を搭載しており、ロボットなどのデバイスと接続したクラウドサービスとして提供される。 ロボットAIプラットフォームは、コミュニケーションロボットをはじめとするさまざ...

続きを読む

シビックテックとは何か? 5分野別の事例に見る、社会問題のITによる解決方法

写真は、コチョウラン。花言葉「幸福が飛んでくる」「純粋な愛」 (Yahoo!ニュース「ビジネス+IT」・12/08) 「少子高齢化による人口減少」「都市圏への人口流入と偏り」「貧富の差の拡大」……。山積する社会問題は、行政サービスだけは解決できない。こうした現状に対し、テクノロジーを活用して課題解決する取り組み/概念が「シビックテック」だ。本稿では「シビックテックとは何か」を解説するとともに、その取り組みを紹介す...

続きを読む

アジアから注目 鹿児島の「高齢者介護」

写真は、サザンカ。花言葉「困難に打ち克つ」「ひたむきさ」 (Yahoo!ニュース「MBC南日本放送」・12/07) 中国大陸と朝鮮半島の間にある黄海周辺の日中韓3か国の経済交流を深めようと、先月29日と30日の2日間、鹿児島市で「環黄海経済・技術交流会議」が開催されました。会議は、九州の経済界でつくる九州経済連合会などが主催したもので、鹿児島での開催は初めてです。3か国持ち回りで毎年開催されていて、今回は日・中...

続きを読む

2030年までに8億人が失業? 自動化の影響は先進国で顕著に:マッキンゼーが報告

(Yahoo!ニュース「BUSINESS INSIDER」・12/04)・ロボットと自動化は、2030年までに世界中で多くの仕事を奪う ーー その影響は、特に先進国で大きくなると懸念されている。・反復作業やデータ関連、比較的スキルを必要としない仕事が、最も影響を受ける。・これは、ロボットにより多くを投資する豊かな国で、より顕著になる。・ただし、老人介護など、別の職種を視野に入れることで、職を失った人々の雇用は確保できるとの予測も...

続きを読む

専門家が解説 「AIで人間の仕事が奪われることはない」

写真は、アヤメ。花言葉「よい便り」「メッセージ」「希望」 (Yahoo!ニュース「日刊ゲンダイ」・11/29) 合わせて3万人超の人員削減を発表した3メガバンク。人間の仕事は「AI(人工知能)やロボットへ代替可能」になり、大リストラ時代の幕が開けたといわれる。しかし、この論に異を唱えるのが、「東洋経済HRオンライン」元編集長で、現在は東洋経済新報社編集局メディア編集委員の田宮寛之氏だ。「1980年代初頭、キ...

続きを読む

医療ベンチャーのNAM、ICOで100億円の資金調達へ--AIを使った次世代診療とは

(Yahoo!ニュース「CNET Japan」・11/30) NAMは2017年12月24日から2018年1月31日までの39日間、ICO(イニシャル・コイン・オファリング=仮想通貨技術を使った資金調達)を実施し、国内外から100億円の資金調達を目指すと発表した。医療の見地を持ったAIのエンジニア集団 同社は、10月に創業したベンチャー企業だ。NAMの名称は、代表取締役である中野哲平氏の名字を用いたNakano AI Medicalの略という。 社員15名の研究者・エ...

続きを読む

警備業界にも訪れる「自動化の波」への期待と課題

(Yahoo!ニュース「Forbes」・11/23)犯罪や事故の発生を未然に防ぎ、人々の安全を守ることを業務とする警備業界では現在、AI(人工知能)やロボティクスを使った業務の自動化・効率化が進んでいる。その背景には、日本の社会的課題のひとつである人手不足があることは言うまでもないだろう。日本のある大手警備会社の幹部は、以下のように話していた。「もしもセンサーやロボットなどを含めた弊社のオンライン警備システムをまっ...

続きを読む

AIは障害者を排除し包摂する

AIは障害者を排除し包摂する --- 山田 肇(Yahoo!ニュース「アゴラ」・11/11)オーストラリアの放送局ABCは、障害者の社会的包摂への新技術の利用について討論番組を制作した。11月5日の放送だがネット経由で聴取できる。ここではその概要を紹介する。番組はスマートスピーカーの話題からスタートし、音声認識・音声合成技術、そしてAI(人工知能)を活用したスマートスピーカーが障害者に利用されている様子が紹介される。複数の...

続きを読む

「人間が働かなくていい未来」への著者の提言とは--『人工知能と経済の未来』書評

(Yahoo!ニュース「ZUU online」・11/12)20世紀にも、工場などで人間の補助的作業をこなす産業用ロボットは広く普及していた。21世紀に入ると、一般消費者にもロボットの波が押し寄せるようになった。1999年には愛犬型ロボット「AIBO」が、2002年にはお掃除型ロボット「ルンバ」が、2015年には人型ロボット「Pepper」がそれぞれ発売された。これらを購入した経験がある人もいるだろう。いまや一般消費者向けのロボットにも、当た...

続きを読む

目指すは「家畜のヘルスケア」、畜産業とAIの現在

(Yahoo!ニュース「Forbes」・11/11)畜産業の現場では、どのように人工知能(AI)の活用が進もうとしているのか。今年4月、日本経済新聞が興味深いニュースを報じた。農業・食品産業技術総合研究機構などが中心となり「牛の効率的な繁殖を支援するAIシステム」の開発に入ったという。そこで構想されている仕組み・用途はこうだ。まず、牛にセンサーを取り付け体温や活動量などの生体情報を収集する。それをAIで解析し体調の変化を...

続きを読む

ニチイ学館とNEC、AIを活用した高齢者の介護・自立支援サービス開発に向けた共同研究を開始

(Yahoo!ニュース「Impress Watch」・11/10) 株式会社ニチイ学館と日本電気株式会社(以下、NEC)は10日、医療・介護分野における業務提携に合意したと発表した。 ニチイ学館とNECはこれまで、経済産業省の「医療技術・サービス拠点化促進事業」に対して共同で提案し採択されるなど、中国における介護ビジネス領域において活動を進めてきた。両社ではこうした活動を一層加速すべく、今回の業務提携に至り、第一弾としてAIを活用...

続きを読む