記事一覧

旅館・ホテル空き室提供 豪雨被災、高齢者や障害者など対象 11日から受け付け

(西日本新聞・07/11) 県内を襲った記録的な豪雨を受け、県は10日、被災した要介護の高齢者といった配慮が必要な人たちに、県内のホテルや旅館の空き部屋を無償で提供すると発表した。 対象者は、豪雨で住宅が損壊するなどして避難所での生活を余儀なくされている要介護・要支援の高齢者や、障害者、妊産婦などと介助者。利用できる期間は当面とし、3食、入浴も付く。本人の同意を得た上で、県の保健師による健康チェックや...

続きを読む

九州豪雨の被災地に介護利用の特例措置

(Yahoo!ニュース「医療介護CBニュース」・07/07) 今月5日からの豪雨で、大きな被害が出ている福岡県内や大分県内の自治体に災害救助法が適用されたことを受け厚生労働省は、介護保険サービスにおける入所定員や人員配置、利用者負担などについて特例措置を講じることを求めた事務連絡を両県にあてて発出した。また、今回の豪雨被害が広範囲に及んでいる上、被災者が各地に避難していることも想定されることから、厚労省では同様...

続きを読む

介護福祉士ら保育士試験で優遇へ…筆記一部免除

(Yahoo!ニュース「読売新聞」・06/27)厚生労働省は、福祉系の国家資格を持つ人が保育士試験を受ける際、筆記試験科目を一部免除する方針を固めた。 待機児童解消に向け、保育士資格を取得しやすくし、受け皿作りを急ぎたい考えだ。早ければ来年度の試験から免除する。 筆記試験が一部免除されるのは、介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士のいずれかの国家資格を持つ人。筆記試験の全9科目のうち、「福祉職の基盤に関する...

続きを読む

父と兄隔離、苦労の母他界 ハンセン病訴訟、決意の女性が原告加わる

(Yahoo!ニュース「埼玉新聞」・06/23) 国のハンセン病強制隔離政策の下で、沈黙を強いられてきた患者の家族が、声を上げ始めている。埼玉県内を含め全国で計568人が、国に謝罪と損害賠償を求めた集団訴訟。父親と兄が元患者で、家族を引き離された東京都内の女性(72)は今も、差別された傷が心に残る。それでも、若くしてこの世を去った母親の思いを代弁しようと、原告に加わった女性は裁判について「自分探しの闘い」と位置付...

続きを読む

介護の技能実習、来日後に240時間の日本語学習

(Yahoo!ニュース「医療介護CBニュース」・06/22) 厚生労働省は、「外国人技能実習制度」によって介護の実習生を受け入れる際の基準案を公表した。来日後、実習生に最大で240時間の日本語学習や40時間余りの介護導入講習を課すことが盛り込まれている。厚労省では7月20日まで条件に対するパブリックコメントを募集した上で、11月1日の実施に向け、新たな省令・告示を公布する方針。【ただ正芳】 基準案では、介護の技能実習生と...

続きを読む

香山リカ氏の講演中止 東京・江東区社協、妨害予告受け

(朝日新聞・06/21) 東京都江東区で27日に予定されていた、精神科医で立教大教授の香山リカ氏の講演会が中止になった。共催する区社会福祉協議会が21日、ホームページで発表した。運営を妨害する趣旨の予告を受けたため、参加者の安全確保を理由に開催を断念したという。 香山氏は「なぜ今こども食堂が必要なのか」という演題で、母子の孤立対策や支え合う地域づくりについて話す予定だった。社協によると、5日に受け付け...

続きを読む

刑事責任能力を問えない加害者をめぐる問題とは 出所後のフォローアップも足りない日本

(Yahoo!ニュース「AbemaTIMES」・06/21) 14日、さいたま地裁で未成年者誘拐と監禁致傷、窃盗の罪に問われた寺内樺風被告の第3回公判が行われた。 寺内被告は平成26年3月、当時中学1年生だった埼玉県朝霞市の少女を誘拐、自宅アパートで監禁した。少女は監禁中、読書やネットなどをして過ごし、寺内被告と一緒に外出する時と、洗濯物を干すのにベランダに出る時以外、外に出ることはなかったという。誘拐からおよそ2年後、外出...

続きを読む